耳鳴りの予防にウォーキングが良い理由

 

 

耳鳴りの予防にウォーキングが良い理由は?

耳鳴りの予防にウォーキングが良い理由は?

耳鳴りの症状を予防するに当たり、ウォーキングなどの有酸素運動が良いと考えられています。

 

健康の代表的な運動と言えばウォーキングで、中高年や高齢者で毎日取り組んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

消費カロリーを増やしてダイエット効果を促したりうつ病を予防したりといった作用が有名ですが、実はキーンやピーといった音が聞こえる耳鳴りにもピッタリですよ。

 

なぜ耳鳴りの予防にウォーキングが適しているのか、具体的な理由について見ていきましょう。

 

@毎日の生活の中にウォーキングを取り入れて定期的に身体を動かす

A全身の血流が促されて血行不良を解消できる

B同時に内耳の血液の循環も自然に良くなっていく

C血行不良が引き金の耳鳴りの予防や改善に繋がる

 

耳鳴りと血行不良が深く関係しているのは、体内の老廃物や毒素が停滞したり自律神経が乱れたりするのが原因です。

 

現在では日々の食事で脂肪分や糖分を過剰摂取しすぎたり、冷え性で身体の冷えが悪化したりといった原因で血行不良に陥っている方は少なくありません。

 

加齢による影響で身体を動かす機会が減れば余計に症状が悪化しやすいため、耳鳴りを解消して健康的な身体を手に入れたいのであれば無理なく身体を動かせるウォーキングへと取り組むべきですね。


1週間に何回くらいウォーキングをすれば良い?

明確に決められているわけではありませんが、耳鳴りの解消や予防が目的の方は1週間に4日〜5日程度のペースでウォーキングを行うべきです。

 

ウォーキングに限らずジョギングにも該当しますが、有酸素運動による効果は長く続けてこそ大きくなります。

 

1日や2日など短期間で変化を得るのは難しいため、週に4日〜5日を目安に継続した方が良い理由はお分かり頂けるでしょう。

 

もちろん、無理に運動をしても耳鳴りを予防できるわけではないので、以下のように自分の体調に合わせて頻度を変えるべきです。

 

・運動をやり始めたばかりは1週間に1回のペースにする

・体調が芳しくない時はお休みする

・短い時間から始めて少しずつ延ばしていく

 

耳鳴りの予防に加えて健康体を手に入れることもできますので、マイペースでウォーキングを続けてみてください。


運動と併用してサプリメントを摂取しよう

ウォーキングなどの運動と併用して、サプリメントを摂取するのも耳鳴りの予防では効果的です。

 

どれか一つのケアをやり続けるのではなく、複数の方法を併用すれば加齢によって衰えた耳の機能を回復させることができますよ。

 

「サプリメントの種類があまりにも多すぎてどれを選べば良いのか分からない・・・」と嘆いている方には美聴泉(びちょうせん)がおすすめです。

 

ナギイカダエキスやイチョウ葉エキスなど、聞こえのトラブルを内側から解消する天然成分が豊富なサプリメントですので、ウォーキングと美聴泉(びちょうせん)を併用して耳鳴りで悩まされにくい体質を作ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの予防」に関するページ