耳鳴りと蒸しタオル

 

 

耳鳴りと蒸しタオルについて

自宅で耳鳴りを治せる方法の一つが蒸しタオルの使用で、耳の疲れを回復させることができます。

 

その方法は簡単で、火傷しない程度に電子レンジで濡れたタオルをチンして蒸しタオルを作り、片方の耳を包み込むようにして1分間程度当てるのです。

 

そして、蒸しタオルが冷めている場合は、再び電子レンジでチンして、もう一方の耳に押し当てて同じように1分間程度その状態で維持していきます。

 

このようなケアを行うことにより、首の筋肉がフワーっと緩みだし、耳周辺の血行を促してくれるので、耳鳴りの改善に繋がるというわけです。

 

個人によって耳鳴りが引き起こされている原因は異なるので、蒸しタオルを使った方法で絶対に治るというわけではありませんが、血行不良によって生じている方が多いので、自宅で試してみる価値は大いにあるでしょう。

 

首や肩と同じように、耳も凝ることがあり、健康的な状態でも肉体的な疲労や精神的なストレスが溜まってくれば、聞こえのトラブルが引き起こされやすくなるので、ゆっくりと温めて休めてあげなければならないのです。

 

耳周辺だけではなく、首にも大事な神経が通っているので、鎖骨の部分も同じように蒸しタオルで温めてあげれば、耳鳴りの症状が少しずつ和らいでいくかもしれません。

 

ただし、耳を温めれば直ぐに耳鳴りが和らぐというわけではなく、長期的なケアが必要となるので、同時にこのサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を使っていくべきです。

 

健康食品の摂取により、耳鳴りを改善できたという方は多くいらっしゃるので、数ある製品の中でも高い人気を得ている美聴泉(びちょうせん)を公式サイトから購入してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、両方の耳に蒸しタオルを当て終わったのであれば、交互に片方の耳の穴の中に指を入れて塞いでみましょう。

 

耳には腕と同じように利き耳があり、どちらかが聞こえやすくもう一方が聞こえにくく感じるはずです。

 

音が聞こえにくく感じた方の耳は利き耳ではないので、もう一度蒸しタオルを使って温めることでバランスを整えられるので、耳鳴りだけではなくめまいの症状の緩和にも繋がります。

 

めまいも耳鳴りと同じように様々な原因によって生じるのですが、身体のバランスが整っていないことで引き起こされることが多いので、耳の聞こえ方を均一にしておかなければならないのです。

 

耳鳴りだけに悩まされているという方はいらっしゃるものの、めまいや頭痛といった症状を同時に伴うことが実に多いので、蒸しタオルを使った治療法を取り入れてみてください。

 

 


「耳鳴りの予防」に関するページ