耳鳴りと枕

 

 

耳鳴りと枕について

中耳炎といった耳の病気や、ストレスが耳鳴りの原因として考えられておりますが、寝不足も大きな要因の一つとなっており、睡眠不足で悩んでいる方は注意が必要となります。

 

もし、特に病気を患っているというわけではなく、耳鳴りの症状が止まないというのであれば、毎日何気なく使っている枕に原因があるかもしれないのです。

 

耳鳴りと枕に直接的な関係性があるというわけではないものの、枕が自分に合っていないことで快適な睡眠が阻害され、良い姿勢で眠れなくなって寝不足に陥り、結果として耳鳴りが生じていることがあります。

 

自分の体型や首の形に合った枕は安眠のためだけではなく、肩こりを予防するためにも重要な存在なので、高齢者の方は特に注意しなければなりません。

 

もし、枕が自分に合っていなければ単純に寝不足の原因となるだけではなく、脳への血液の循環が悪くなって血管が拡張して周りの組織を圧迫し、直接的に耳鳴りの原因に繋がる場合もあります。

 

特に、高い枕を使って眠っているという方は、どうしても脳への血流が妨げられてしまうため、耳鳴りを予防したいのであれば低い枕にするとともに、沈み込むような低反発性の商品を購入した方が良いでしょう。

 

もちろん、枕を変えて睡眠不足を解消しても、直ぐに耳鳴りが治るというわけではないので、大きな効果を得たいというのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の使用をおすすめします。

 

健康食品の摂取で耳鳴りの症状が和らいだという方は、意外と多くいらっしゃるので、めまいの改善にも繋がる美聴泉(びちょうせん)を是非利用してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、布団やシーツといった寝具の中でも、快眠を得るためには枕の質が最も重要で、最近ではオーダーメイドの枕が存在します。

 

自分の首の形などを考慮し、自分だけに合った枕を注文することが可能で、これを使って睡眠を取ることによって心地良い眠りに付けるというわけです。

 

また、カイロプラクテイックの治療院でおすすめされている枕を購入するのも選択肢の一つで、専門医に伺ってみればいかに枕が重要な存在なのか知ることができるでしょう。

 

もちろん、いくら自分に適した枕を使っていたとしても、睡眠時無呼吸症候群といった呼吸の病気を患っていれば快眠を得ることはできませんし、耳鳴りの症状を悪化させる大きな原因となります。

 

肥満体質の方が患いやすい睡眠時無呼吸症候群は、寝ている際に舌の付け根が気道を塞ぎ、呼吸が一定時間に渡って止まってしまう病気のことを指すのです。

 

息苦しくなれば、夜中に目が覚めてしまうことが多いため睡眠不足に陥りやすいですし、睡眠の質も低下しているので、長い時間に渡って眠っていても寝不足になっていることは十分にあり得ます。

 

自然に解消されることのない病気なので、家族の誰かに睡眠時無呼吸症候群を指摘されたのであれば、呼吸器科を設置している病院へ足を運んでみてください。

 

 


「耳鳴りの予防」に関するページ