黒豆茶が耳鳴りの予防に良い理由

 

 

黒豆茶が耳鳴りの予防に良い理由をまとめてみた

黒豆茶が耳鳴りの予防に良い理由をまとめてみた

ピーやキーンといった不快な耳鳴りを予防するに当たり、健康茶を毎日の生活で飲む高齢者は増えました。

 

数ある健康茶の中でも黒豆茶は耳鳴りの予防におすすめで、大豆の一種である黒豆を原料として作られたお茶のことですね。

 

黒豆茶を飲んで耳鳴りが引き起こされにくい体質を維持できるのは豊富な栄養素が含まれているのが理由で、配合されている成分の種類と効果について詳しく見ていきましょう。

 

ポリフェノール(イソフラボン):植物の皮や種に含まれている色素成分や渋味成分を指し、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きでホルモンバランスを整えてくれる

レシチン:レバーや卵黄の中に含まれている代表的な成分で、コレステロールや中性脂肪など血中脂質を排除して健康効果を高めてくれる

タンパク質:私たちのあらゆる組織の元となる栄養素で、生きていくためには一定量のタンパク質を摂取しなければならない

ビタミンE:耳鳴りの大きな原因となる血行不良の解消に効果を発揮し、血液の循環を身体の内側から良くしてくれる

食物繊維:黒豆100gあたり約6.3gの食物繊維を含み、お通じを良くしたり腸内環境を整えたりといった作用を持つ

サポニン:ごぼうの中に多く含まれている栄養素で、自律神経の乱れを調整したり回復したりして耳鳴りの症状を和らげる

アントシアニン:目の網膜に作用するポリフェノールの一種で、緑内障やかすみ目といった症状を未然に予防する

 

黒豆茶の中に含まれている全ての成分が耳鳴りと関係しているわけではありません。

 

しかし、私たちが生きていくために欠かせない栄養素は多いですし、何と言ってもポリフェノール(イソフラボン)はホルモンバランスの乱れによる更年期障害で耳鳴りが加速している女性にピッタリですよ。

 

温かくて美味しい黒豆茶はリラックス効果やリフレッシュ効果を高める作用も同時に持ち合わせていますので、毎日の生活の中に取り入れてみましょう。


黒豆の効果を高める煮汁の作り方をまとめてみた

既製品の黒豆茶を飲むのではなく、自宅で黒豆の煮汁を作るのは選択肢の一つです。

 

黒豆は煮汁にした方が美容効果や健康効果が高く、より多くの栄養素を体内に吸収させて耳鳴りを予防できます。

 

以下では黒豆の煮汁の作り方をご説明していますので、是非一度実践してみてください。

 

@購入した黒豆をザっと水洗いしてたっぷりの水に一晩漬ける

A2倍くらいに膨らんだ後に水ごと鍋に入れて火にかける

B温かいうちに煮汁を別の容器に移し替える

C冷蔵庫に入れて保管して好きなタイミングで飲む

 

黒豆は健康に良い代表的な食材ですので、副作用のリスクは一切ありません。

 

毎日の食生活が乱れているとビタミンやポリフェノールなどの栄養素が不足しやすいため、黒豆の煮汁を有効活用してみましょう。


黒豆茶と併用してサプリメントを摂取しよう

黒豆茶を飲んでいるだけでは、効率良く耳鳴りの症状を和らげることはできません。

 

身体の内側から体質改善を図るのはとても大事ですが、長い時間がかかるのがデメリットですね。

 

そこで、健康茶の黒豆茶を飲んで栄養補給をするだけではなく、耳鳴りの予防や改善に特化したサプリメントの摂取をおすすめします。

 

耳鳴りなど耳のトラブルに効くサプリメントの中でも美聴泉(びちょうせん)が代表的で、どんな特徴があるのか幾つか挙げてみました。

 

・植物由来の成分であるナギイカダエキスやイチョウ葉エキスを含む

・天然成分が身体の内側から体質改善に働きかけてくれる

・定期コースを選択すれば1ヵ月当たり10,800円と割引価格で購入できる

 

黒豆茶の中には入っていない成分や栄養素をバランス良く摂取できますので、聞こえのトラブルを解消する目的で毎日の生活の中に美聴泉(びちょうせん)を取り入れてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの予防」に関するページ