耳鳴りと風呂

 

 

耳鳴りと風呂について

耳鳴りを改善するためにお風呂に入って身体を温めるという方法が適しており、特に耳周辺を温めることによって、だんだんと症状が改善していきます。

 

現代人はお仕事やプライベートで忙しく、高齢者の方でもお風呂の中に入らずに、シャワーだけで済ませているという方がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、シャワーだけでは全身の血行を促すことはできませんし、リラックス効果も得られないので、お風呂の中に入って全身を温めるようにするべきです。

 

特に、冬場は気温が低くシャワーだけでは直ぐに湯冷めしてしまい、冷え性の方は更に症状が悪化しやすいので、できる限り毎日入浴するクセを付ける必要があります。

 

お風呂の中に入って身体を温めれば、筋肉が解れるため耳鳴りの症状が改善しやすいですし、42℃程度のお湯をシャワーで耳周辺に当てていればより効果的です。

 

お湯が耳の中に入ると気持ち悪いですし、中耳炎を引き起こす大きな原因にもなるので、耳栓をしてシャワーを当てるようにした方が良いでしょう。

 

お風呂に入って身体や耳周辺を温めるという温熱療法は、耳鳴りの治療に役立てることができますし、専門医の中で推奨しているという方はいらっしゃるので、積極的に試す価値は大いにあるのです。

 

とは言え、お風呂に入っても、直ぐに耳鳴りの症状が和らぐほど甘いものではないので、美聴泉(びちょうせん)を使った対策も同時に行うのが適しております。

 

美聴泉(びちょうせん)は、聞こえの悩みを抱えている高齢者の方に愛飲されているサプリメントとなっており、少しずつ体調の変化を感じ取れるはずなので、是非通販を利用して購入してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、疲れやストレスによって耳鳴りの症状が悪化しているという方は意外と多いため、お風呂に入ってリフレッシュするというケアはかなり大事です。

 

その際に、胸から下の部分だけお湯に浸かる半身浴も効果的で、38℃程度のぬるま湯に20分間程度入ることで、全身の血行を促してくれるため、耳鳴りの症状の改善に繋がります。

 

熱めのお湯に長い時間に渡って浸かったり、肩まで浸かるのは心臓に大きな負担を掛けることになるので、耳鳴りに悩まされている高齢者の方は半身浴を取り入れた方が良いかもしれません。

 

また、冬場といった寒い時期は、急激な温度差によって身体に大きな負荷が加わるので、お風呂の中に入る前に湯船の蓋を開けておき、浴室全体を温めておくのが効果的です。

 

しかし、耳鳴りとともに、吐き気や嘔吐といった症状が引き起こされているのであれば、なるべく入浴を控えた方が良いので、別の方法で耳鳴りの対策を行うようにしてください。

 

 


「耳鳴りの予防」に関するページ