耳鳴りに効く薬とステロイド

 

 

耳鳴りに効く薬とステロイドについて

耳鳴りや難聴を治療するために、病院へ足を運ぶと薬が処方されることが多く、その種類の一つがステロイド剤となっております。

 

ステロイドホルモン薬を服用したり点滴したりすることにより、内耳の代謝が改善されるという特徴があるので、耳鳴りや難聴の症状を和らげることができるのです。

 

ステロイドとは、私たちの体内で自然に作られているホルモンの一種であり、身体の様々な調節を担っております。

 

それを薬として服用することにより、ホルモンを無理矢理調整させて、耳鳴りといった症状を改善していくという仕組みです。

 

しかし、人工的に体外からステロイドを投与し続けると、「頬が赤くなる」「皮下組織が薄くなる」「ニキビができる」といった様々な副作用が生じる可能性があるので注意しなければなりません。

 

しかも、ステロイド薬を服用したからといって、必ずしも耳鳴りが改善されるというわけではないので、無駄にステロイドを使った治療に踏み込まないという医師もいらっしゃいます。

 

本来の悩みである耳鳴りを改善するためにステロイド薬を投与し、その影響で身体の健康を取り戻すどころか、結果的に身体に大きな負担を背負わせてしまっては意味がないというわけです。

 

薬物治療を過信している方ほど、安易にステロイド薬に手を出しがちなのですが、この方法が必ずしも適しているというわけではないので、まずはこのサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の使用をおすすめします。

 

医薬品で耳鳴りを治すのではなく、健康食品であれば安全に症状の緩和が期待できるので、副作用による悪影響が怖いという方は、一度美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、病院で処方されるステロイド薬の大きな特徴は、炎症を鎮めたり過剰に反応した免疫を抑えるという作用で、内耳の炎症がおさまれば耳鳴りが治るということで治療の一環として使われております。

 

とは言え、ステロイド剤を投与しても耳鳴りが治らないのであれば、炎症や免疫システムの異常によって耳鳴りが生じていたわけではないと考えるのが普通です。

 

医学的に、耳鳴りに関しては完全に解明されておらず、実態が掴めていないというのが現状なので、絶対に効果が期待できる治療法というものは存在しません。

 

ステロイド剤の服用により、症状が和らいだ方がいれば、逆に副作用によって健康を阻害されたという方もいらっしゃるのです。

 

結果的にどのような症状が引き起こされようとも、ステロイド剤を長期的に服用すればするほど副作用のリスクは高くなりますし、他の薬でも不快な症状が生じるかもしれないので、医師と相談して耳鳴りの治療を進めていきましょう。