耳鳴りの割合

 

 

耳鳴りの割合について

「耳鳴りが引き起こされる方の割合はどのくらいなの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

確かに、「キーン」や「ピー」といった不快な耳鳴りが慢性的に引き起こされていれば、「自分だけが悩まされているのではないか?」と不安になってしまうかもしれません。

 

耳鳴りには幾つかの種類があるため、一概に説明することはできないのですが、生理的な耳鳴りであれば年齢に関係なく、全ての方が一度は体験したことがあるはずです。

 

生理的な耳鳴りが引き起こされている方の割合はデータでは出ていないものの、静かな部屋の中で一人きりになっていると、「シーン」という音が聞こえる場合があります。

 

これは身体に異常があるというわけではなく、音がしない静かな場所に行ったことで、耳に加わる刺激が少なくなったことが大きな原因なのです。

 

そのため、一定時間が経過すれば、自然と生理的な耳鳴りは解消していくでしょうし、病気のサインというわけでもないので、病院で治療を施す必要はないと説明できます。

 

このような生理的な耳鳴りを必要以上に気にすると、ストレスが溜まって逆に症状が悪化する大きな原因となるので、あまり神経質にならないのが一番だと言えるでしょう。

 

もし、生理的な耳鳴りですら気になってしまうのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の使用がおすすめです。

 

健康食品で耳鳴りの改善に必要な栄養素を摂取していくことにより、不快な症状を時間を掛けてゆっくりと治していくことができるので、是非美聴泉(びちょうせん)を毎日の生活に取り入れてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、生理的に引き起こされる耳鳴りを含め、自覚症状があると回答している人の割合は、年齢が上がっていくとともに増えていくという特徴があります。

 

とある機関では40代〜70代の男女3,900人に対して、耳鳴りが引き起こされているかどうかという調査を行ったところ、40代で19%、50代で21%、60代で24%、70代で27%という結果が出ました。

 

このデータを見れば一目瞭然で、耳鳴りの自覚症状があると答えた方の割合は、年齢を重ねていくにつれて増えていくというわけです。

 

時々鳴る程度であればまだしも、自覚症状があると答えた方のうち、約24%の割合の方が常時鳴っていると回答しているので、日常生活に支障が出たとしても不思議ではありません。

 

不快な耳鳴りが常時鳴っていると、「疲れを感じる」「精神的に落ち込む」「夜にゆっくりと眠れない」「不安な気持ちになる」という状態に陥るので、高齢者の方は上記でご紹介した美聴泉(びちょうせん)を摂取するべきです。

 

病院で医薬品を服用しなくても、脳や耳に病気を抱えていないのであれば、サプリメントで何とかなる場合が多いので、積極的に試していきましょう。

 

 


「耳鳴りの種類」に関するページ