生理的な耳鳴り

 

 

生理的な耳鳴りについて

完全な無音状態で「シーン」とした音が聞こえたり、夜静かな時に耳から変な音がしたりという症状は、生理的な耳鳴りに分類されます。

 

生理的な耳鳴りは身体に何か異常が引き起こされているというわけではなく、健康体の方でも生じることがあるので、特に治療を施すという必要性は全くないのです。

 

誰でも生理的な耳鳴りは、生きていれば一度は絶対に体験するものですし、いつの間にか止んでいることが多いので、放置していても問題はないと説明できます。

 

例えば、寝る前に家族で話をしていたり、寝る前にテレビを見ていたりして、その後に静かな部屋の中に入ると、今まで耳に加わっていた刺激がなくなるので、自然と「シーン」という耳鳴りが引き起こされるのです。

 

無音状態で鼓膜の緊張によって生じているという考えもあり、どちらにしても生理的な耳鳴りであれば不安になる必要はないでしょう。

 

それでも、精神的なストレスが加わっていたり、寝不足で疲労感が溜まっていたりすると、生理的な耳鳴りの症状が悪化しやすくなるかもしれないので、日常生活の送り方には注意した方が良いと言えます。

 

「ストレスを発散させるために運動をする」「疲れを回復させるために睡眠時間を確保する」というケアを行っていれば、耳鳴りの症状が悪化することはないのです。

 

しかし、高齢者の方は生理的な耳鳴りが引き起こされる回数が増えるかもしれないので、不快に感じるのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

わざわざ病院で専門医による治療を受けなくても、自宅で美聴泉(びちょうせん)を摂取しているだけで生理的な耳鳴りの症状を回復させられるので、是非試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記でご説明した生理的な耳鳴りではなく、「キーン」や「ジー」という耳鳴りが引き起こされているのであれば、病気を患っている可能性があります。

 

高齢者の方で病的な耳鳴りに悩まされているという方は意外と多く、その病気を治さなければ根本的な解決には至らないというわけです。

 

耳の病気や脳の病気など、様々な要素が引き金となって症状が悪化するかもしれないので、自宅で処置を施すのではなく、病院を受診して専門医に診せた方が良いかもしれません。

 

軽度の症状であれば、上記でご紹介した美聴泉(びちょうせん)で回復させられるものの、健康食品なので病気そのものを治す力は持ち合わせていないのです。

 

中には、命の危険に関わる脳梗塞の前兆として、耳鳴りが引き起こされていることもあるので、専門医に診せるとともに、正しい知識を持つようにしてください。

 

 


「耳鳴りの種類」に関するページ