片耳の耳鳴り

 

 

片耳の耳鳴りについて

首の凝りや肩の凝りなど、筋肉の血流の悪さによって耳鳴りを引き起こしているケースが多く、基本的には両耳に発生すると考えられております。

 

しかし、耳鳴りの症状には個人差があり、片耳だけの耳鳴りで悩んでいる方は決して少なくありません。

 

とは言え、片耳だけの耳鳴りの方が症状は軽いですし、キーンやピーなど引き起こされる症状に違いはあれど、生理的な現象の一つとして生じていることも十分に考えられます。

 

とは言え、片耳だけの聞こえの悪さを感じている方は突発性難聴を患っている可能性が高く、風邪やインフルエンザをこじらせてウイルスが耳まで到達することが大きな原因です。

 

片耳の耳鳴りだけではなく、ある日突然片方の耳から音が聞こえなくなるのも突発性難聴の典型的な症状で、人気のあるアーティストが以前に患ったことで有名となりました。

 

統計的には適切な治療を病院で施したとしても、完治するのはその中の3分の1で、後の3分の1は片耳の耳鳴りや難聴といった後遺症が残り、残りの3分の1は改善しないと言われております。

 

このように聞くと、突発性難聴は怖い病気なのではないかと不安になるかもしれませんが、どのような症状でも治療開始が早ければ早いほど治りやすいのです。

 

高血圧や高脂血症といった内科疾患がなければ比較的治りやすいですし、どちらにしても自分の耳に違和感を持った段階で専門医の診察を受けた方が良いのではないでしょうか。

 

「片耳だけの耳鳴りが酷くなった」「片方から音が聞こえにくくなった」という方は、突発性難聴を患っているかもしれないので、耳鼻科を受診して専門的な治療を受けるべきです。

 

また、最初は片耳だけの耳鳴りでも、時間の経過によって両耳に耳鳴りが引き起こされるようになり、同時にめまいや吐き気といった症状が出ていればメニエール病の可能性があります。

 

メニエール病は難治性の病気と言われており、激しいめまいや吐き気によって日常生活を送ることすら困難になるケースも少なくありません。

 

突発性難聴なのかメニエール病なのか素人では判断がつかないことが多いので、片耳だけの耳鳴りが長期間に渡って続くようであれば、自分の身体に異常が生じているのではないかと疑って、病院を受診した方が良いのです。

 

もちろん、何気ない生理現象として方耳の耳鳴りが引き起こされることもあり、長い時間に渡って続かないのであれば特に心配する必要はないと説明できます。

 

それでも、繰り返し引き起こされるのは辛いはずなので、少しでも症状を予防するために当サイトでご紹介しているサプリメントの美聴泉(びちょうせん)を摂取してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの種類」に関するページ