耳鳴りの種類

 

 

耳鳴りの種類について

耳鳴りには様々な原因があり、個人によって引き起こされる症状が異なるのですが、色々な種類があることが分かっております。

 

その一つが他覚的な耳鳴りで、耳の周りの筋肉の音や自分の血管の音などが聞こえるような状態を指し、自分だけではなく他人にも聞こえるという場合があるのです。

 

また、生理的な耳鳴りが引き起こされるという方もおり、これは飛行機の離着陸の際や防音室に入った時にシーンと聞こえることができます。

 

しかし、この種類の耳鳴りは身体に異常があるというわけではなく、健康な人でも引き起こされる可能性は十分にあるので、特に治療を行う必要はありません。

 

とは言え、高齢者の方は加齢によってだんだんと聴覚の機能が衰え、その影響で生理的な耳鳴りが生じるかもしれないので、ストレスを溜め込まないように気を付けたり、毎日の食生活でバランス良く影響を摂取するというケアを行うのが大事です。

 

もう一つの種類として、病的な耳鳴りが挙げられ、これは中耳炎といった耳の病気や、脳の病気が引き金になっていることがあるので、早急に対処した方が良いでしょう。

 

根本的な原因となっている病気を治さなければ、いつまでも耳鳴りに悩まされることになるので、自宅で対処するのではなく病院へと足を運ぶのが理想的です。

 

どの種類の耳鳴りが引き起こされているとしても、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を摂取することにより、だんだんと症状を和らげていくことができます。

 

もちろん、引き起こされている病気は治さなければなりませんが、耳鳴りの緩和に適したサプリメントなので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 


耳鳴りの音の種類について

耳鳴りの音の種類はたくさんあるので、患者さんによってどのような症状が引き起こされているのか大きく異なります。

 

水の流れるような心地良い耳鳴りが生じる方がいれば、ジーというセミの鳴き声、キーンという金属音のようなものや、ピーという電子音などたくさんの種類があるのです。

 

他にも、ブーンという重低音やゴーというジェット機の音、ガンガンという拍動性の音やウィーンという蛍光灯の音など、一概に決まっているというわけではありません。

 

仮に、どのような音の耳鳴りが引き起こされていたとしても、心理的なストレスが加わるだけではなく、快適な睡眠を取ることが難しくなって日常生活に支障が出るかもしれないので、何かしらの対処を行っていかなければならないのです。

 

もし、病院を受診して耳鳴りを治していくのであれば、どのような感じの音が自分の耳から聞こえているのか、専門医に詳しく伝えるのが大事だと説明できます。

 

「ピーっとした音が鳴る」「1日に○回は耳鳴りで悩まされる」「音が大きくなる時と小さくなる時がある」としっかりと病状を伝えることで、不快な耳鳴りの改善に繋がるのです。

 

引き起こされている音の種類によって、原因を特定できる場合があるので、自分の症状を隅々まで伝えるようにしてください。

 

 


「耳鳴りの種類」に関するページ