耳鳴りに効く薬の種類

 

 

耳鳴りに効く薬の種類について

薬

耳鳴りに効き目のある薬には様々な種類があり、個人の体質に合ったものを服用することによって、少しずつ症状が緩和されていきます。

 

「この薬を飲めば耳鳴りが治る!」というわけではなく、医師に相談したり自覚症状を把握したりすることで、耳鳴りの原因を探り、効き目のある薬を探していかなければならないのです。

 

どの種類の薬を飲めば耳鳴りが治るのか素人では判断できないはずなので、できる限り市販薬に頼るのではなく、医師に処方された医薬品を服用していく必要があります。

 

この事実を把握した上で、ここでは耳鳴りに効く薬の種類について詳しく説明しているので、症状の悪化に悩んでいるという方は頭の片隅に入れておいてください。


抗めまい薬

セファドールやイソメニールを中心とする抗めまい薬は、神経の興奮を抑えて内耳周辺の血流を改善することができます。

 

血行の悪化が引き金となり、耳鳴りを引き起こしているという方は意外と多く、抗めまい薬を服用することによって、耳鳴りやめまい、吐き気といった症状も緩和してくれるのです。

 

あまりにもめまいが激しいという場合、これらの薬を服用しても変化が生じないかもしれませんが、持続して服用していくことでだんだんと改善されていきます。


抗うつ薬

ルジオミールやドグマチールを代表とする抗うつ薬には、うつ状態を抑制したり、筋肉や神経の緊張を解いたりしてくれます。

 

抗不安薬といった種類の医薬品も同じような作用があり、うつ状態が続いていると耳鳴りやめまいが酷くなりやすいので、薬の服用によって症状を抑えていくのです。

 

耳鳴りやめまいにより、精神的なストレスが溜まって気分が滅入るというケースは少なくないので、医師に処方された抗うつ薬や抗不安薬の服用が適しております。


代謝改善剤

アデホスといった薬が該当する代謝改善剤は、末梢神経の働きを改善し、内耳や中枢神経の活動を回復させて耳鳴りを和らげる効果があります。

 

細粒と錠剤が存在し、どちらかと言うと細粒の方が効果が高いものの、食欲不振や肌の痒みといった副作用が生じるかもしれないので、十分に注意しなければなりません。


自律神経調節薬

自律神経調節薬としては、ガンマ−オリザノールやグランダキシンといった薬が該当します。

 

脳の視床下部に位置している自律神経に作用し、乱れを改善していくとともに、耳鳴りの症状を和らげていくのです。

 

交感神経や副交感神経といった自律神経の乱れにより、耳鳴りが悪化するケースは意外と多いので、この種類の薬が大きな効き目を発揮する場合があります。


副腎皮質ホルモン薬

プレドニンやメドロールを中心とする副腎皮質ホルモン薬は、代謝を改善したり炎症を抑える作用があります。

 

内耳の代謝が原因で耳鳴りが引き起こされている方には、副腎皮質ホルモン薬が大きな効果を発揮するのです。

 

しかし、どの薬も効果が高いという変わりに、満月様顔貌や筋肉の弱化といった副作用が強いので、医師の指示に従って服用していくようにしましょう。

 

 

 

上記のような種類の薬で耳鳴りを治していくことができるものの、どの薬にも副作用が強く現れるという特徴があるのです。

 

少しでも副作用を避けて耳鳴りを治していきたいのであれば、健康食品の美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

医師に処方された薬や薬局で販売されている市販薬とは異なり、安全に身体の内側から耳鳴りを治せるサプリメントなので、是非一度美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら