耳鳴りと雑音

 

 

耳鳴りと雑音について

「ザーザー」や「ゴー」といった重低音の雑音が聞こえるというのであれば、それは血行不良が原因の耳鳴りだと考えられます。

 

雑音というだけであって、統一された特徴があるというわけではなく、個人によって引き起こされる症状には大きな違いがあるのです。

 

特に、何かしらの微小な音を聞き取ってしまった時に引き起こされる症状を雑音性耳鳴りと呼んでおり、場合によっては日常生活に支障を来たすことがあります。

 

雑音性耳鳴りが頭に響いて気持ち良いという方はほとんどいらっしゃいませんし、判断力や集中力を欠く原因となることは間違いありません。

 

ただの血行不良で引き起こされているのであればまだしも、厚生労働省が特定疾患として指定しているメニエール病を患っていることもあるので、慢性的に雑音性耳鳴りがしているのであれば、病院へ足を運ぶべきです。

 

治療の開始が遅くなればなるほど、治りにくくなってしまいますし、難聴が後遺症として残るケースも高くなるので、自分に合った治療方法を探すのが一番だと説明できます。

 

飛行機に乗った時や海の中に深く潜った時など、気圧の変化による耳鳴りであれば自然と解消されるものの、重大な病気のサインとなっていることがあるので、十分に注意しなければならないのです。

 

毎日のように耳鳴りがするのではなく、たまに雑音が生じる程度であれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を使うのが良いでしょう。

 

食べ物では取り入れるのが難しいイチョウ葉エキスやビンカマイナーといった、耳鳴りやめまいに効き目がある成分が含まれた健康食品なので、一度美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りは聞こえている雑音の種類によって、ある程度原因を把握することができます。

 

もちろん、完全に把握できるというわけではありませんが、連続的に「ザー」と聞こえたり、鼓動に合わせて「ドコドコ」と聞こえる場合は注意が必要です。

 

本来であれば聞こえるはずのない血流音が聞こえる症状は血管拍動性耳鳴りと呼ばれており、実際に頭に流れている血管の状態がおかしくなっている可能性があります。

 

脳出血といった重篤な病気に繋がるかもしれないので、このような雑音が慢性的に聞こえているのであれば、自分の判断で対処していくのではなく、専門医の診察を受けなければなりません。

 

また、自律神経も深く関わっており、不規則な生活によってストレスが溜まれば耳鳴りの症状は悪化しやすいので、自分の生活習慣を見直すということも大事です。

 

 


「耳鳴りの症状」に関するページ