耳鳴りと眠気

 

 

耳鳴りと眠気について

高齢者の中には、耳鳴りと眠気の症状が同時に引き起こされている方がおり、病気なのではないかと不安を抱えるかもしれません。

 

単純に生理的な症状として耳鳴りが引き起こされている状態で、寝不足による眠気が生じているだけかもしれませんが、慢性的に続いているのであれば自律神経失調症の可能性があります。

 

身体に様々な不調が引き起こされる病気を総称して自律神経失調症と呼び、確かな原因は未だに解明されていないのです。

 

それでも、専門家の多くは自律神経失調症の原因がストレスにあると説いており、耳鳴りや眠気だけではなく、偏頭痛やめまい、身体の火照りや便秘など生じる症状は多岐に渡ります。

 

イライラや不安感、落ち込みややる気が出ないという精神的な症状も自律神経失調症の特徴で、ストレスと深く関わっていることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

人間関係によるストレスだけではなく、環境的なストレスや化学的なストレスも大きく関わっており、自律神経失調症を治せば耳鳴りも日中の眠気も改善されるケースが多いのです。

 

とは言え、症状が悪化していると自分の力だけでは克服できないかもしれないので、自律神経失調症の症状が進行する前に心療内科や精神科を受診して専門医の指示に従って治療を行ってください。

 

また、抗不安薬や抗ヒスタミン薬、抗めまい薬といった医薬品を服用している方は、その副作用として耳鳴りや眠気といった症状が引き起こされることがあります。

 

服用を始めてから直ぐに副作用が出ないことは十分にあり得ますし、体調が優れない時に引き起こされやすいという特徴があるのです。

 

これらの薬を服用した時だけ耳鳴りや眠気が酷くなれば、副作用による影響だと考えられるのではないでしょうか。

 

日常生活が困難になるほど酷い症状に悩まされているのであれば、早めに担当医に知らせて別の医薬品を処方してもらうべきです。

 

以上のような原因で耳鳴りと眠気が同時に生じることがあり、生理的な現象ではないかもしれません。

 

耳鳴りだけの症状であれば、当サイトでご紹介しているサプリメントの美聴泉(びちょうせん)で和らげることができます。

 

しかし、自律神経失調症といった病気が引き金の耳鳴りは健康食品でも改善できないかもしれないので、美聴泉(びちょうせん)ではなく専門家の診察を受けるようにしてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの症状」に関するページ