耳鳴りと幻聴

 

 

耳鳴りと幻聴の違いについて

「耳鳴りと幻聴にはどのような違いがあるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

確かに、どちらも耳に引き起こされる不快な症状ですし、耳鳴りにも幻聴にも違いはないのではと考えるかもしれません。

 

同じような症状ということに変わりはないので、全く違うというわけではありませんが、音の聞こえ方や合併症の種類に違いが生じているのです。

 

耳鳴りは、「血液の流れる音や心臓の拍動が聞こえる」「キーンという音が多い」「突発性難聴が関係している」という特徴があり、幻聴は「誰かに話しかけられているような感じがする」「本人の思い込みが多い」「総合失調症が原因で生じる」という特徴があります。

 

どちらの症状も、誰もいないのに音が聞こえてくるような状態を指し、中には激しい音が聞こえるという方もいらっしゃるので、日常生活に大きな悪影響が生じるというわけです。

 

それに、個人によって幻聴の症状には大きな違いが生じており、「どんな時に聞こえてくるのか?」「どんな内容が聞こえてくるのか?」という内容で対処方法が変わる可能性があります。

 

もしかしたら、ただの耳鳴りという場合もあり、普段の生活習慣の見直しで改善できることもあるので、違いを見極めるために病院を受診するべきです。


耳鳴りと幻聴の原因について

耳鳴りと幻聴が引き起こされる原因は一つではないので、一概に説明することができないものの、うつ病といった精神疾患が引き金となっているケースが多くなっております。

 

自律神経失調症もその一つで、交感神経と副交感神経のバランスが上手く取れないような状態に陥り、耳鳴りや幻聴というように不快なトラブルが生じるのです。

 

うつ病と自律神経失調症は、精神的なストレスや疲れが原因で生じるのですが、対処法が異なる違う病気だということを頭に入れておかなければなりません。

 

耳鳴りや幻聴というように同じ症状が引き起こされたとしても、うつ病はセロトニン、自律神経失調症はドーパミンが関係しており、完治させるためには病状に則した治療が大事なのです。

 

また、過去に心が傷付きトラウマになるような出来事があり、その時のことを思い出して精神異常を招くPTSD(心的外傷後ストレス障害)という病気も、耳鳴りや幻聴の大きな原因となっております。

 

過去の経験がまるで現代に蘇っているような感覚で幻聴を聞くことがあり、その症状自体が頻発するだけでもストレスを溜め込む原因となるでしょう。

 

このように、精神的な疾患と物凄く大きな関係性がありますし、素人では自覚できない可能性が高いので、早めに専門医の診断を受けるようにしてください。

 

幻聴には特に効き目がないものの、耳鳴りの症状であれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を使用することにより、改善へと導いてくれます。

 

お求めやすい料金設定となっている健康食品なので、是非美聴泉(びちょうせん)を使って耳鳴りの対処をしてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの症状」に関するページ