耳鳴りと動悸

 

 

耳鳴りと動悸について

特に身体に異常が見られないのにも関わらず、耳鳴りと動悸が酷いという方は、自律神経失調症を患っている可能性があります。

 

耳鳴りとは耳の中から「キーン」や「ピー」といった存在しない音が聞こえる症状を指し、動悸とは自分の心臓の拍動が感じられる状態を指すのです。

 

この2つの症状には何も関係性がないと考えるかもしれませんが、自律神経失調症を患うと、これらの症状が不規則に身体に現れるようになります。

 

健康な状態であれば、私たちの身体は無意識の内に1日の中で自律神経の交感神経と副交感神経がバランスを取っており、快適な生活を送れるはずです。

 

しかし、精神的なストレスや肉体的な疲労が溜まると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、身体の機能が正常に機能しなくなる自律神経失調症へと発展していきます。

 

この病気を患うと、慢性的に耳鳴りや動悸に悩まされるだけではなく、めまいや頭痛、吐き気といったように全身に異常が生じるので、十分に注意しなければなりません。

 

動悸はそこまで大きな症状ではありませんし、自分の心臓の拍動が強く聞こえたからといって、命の危険に晒されるようなことはないはずです。

 

それでも、他の病気を示唆していることもあるので、耳鳴りや動悸がおさまらないという状態に陥ったら、病院で診察を受けた方が良いと言えます。

 

とは言え、単純に病院で処方された薬を飲んでいれば良いわけではなく、医薬品に頼らない解決方法を探すのも重要なので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)がおすすめです。

 

耳鳴りやふら付きといった奇怪な症状を改善してくれる素晴らしいサプリメントなので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、動悸は男性よりも女性の方が患いやすいという特徴があり、それは女性ホルモンが大きく関わっております。

 

女性は毎月引き起こされる生理によって女性ホルモンのバランスが乱れやすく、その影響で自律神経失調症を患っていなくても、耳鳴りや動悸といった不快な症状が身体に引き起こされるようになるのです。

 

更年期障害の症状として耳鳴りや動悸が生じることも十分にあり、ただでさえイライラ感が募りやすいこの状態で、身体に不快な症状が引き起こされていたら、余計に症状が悪化することは間違いないでしょう。

 

ホルモンバランスの崩れが引き金となり、結果としてうつ病を患うというケースは少なくないので、女性の方はストレスを溜め込まない生活を心掛けなければならないのです。

 

適度に身体を動かせるような運動を毎日行い、心身ともにリフレッシュできるように心掛けていれば、耳鳴りや動悸といった症状を悪化させずに済みます。

 

ただし、貧血に似た症状で、視界がどんどん狭くなって動悸が引き起こされる脳貧血といった病気の可能性もあるので、自分の判断で対処していくのではなく、不安であれば病院で診察を受けるべきです。

 

 


「耳鳴りの症状」に関するページ