耳鳴りと聴力

 

 

耳鳴りと聴力の関係について

耳鳴りと聴力には大きな関係性があり、個人によっては同時に引き起こされる場合があります。

 

中耳炎といった耳の病気やストレスによって生じる突発性難聴、薬剤の使用による副作用で聴力が低下する可能性があり、同時に耳鳴りが引き起こされるというわけです。

 

どちらも耳に生じる障害の一つですし、病原体や器質的疾患といった明らかな外傷がある場合だけではなく、特定できる原因が見つからなかったり、ウイルスが原因だったりと、個人によって大きく異なります。

 

数ある病気の中でも、突発性難聴と呼ばれる病気が、耳鳴りと聴力の低下と大きく関係しており、主に片側のみに聴力低下が引き起こされるという特徴があり、現在では難病指定にされているのです。

 

「耳鳴りが酷い」「耳に閉塞感を感じる」「耳が詰まった感じがする」「耳が聞こえにくくなった気がする」という症状で病院を受診し、突発性難聴だと診断された方は少なくありません。

 

しかし、中耳炎のように異常が生じている箇所を目で確認できないという特徴があり、原因不明の耳鳴りや聴力低下が生じていた場合、突発性難聴と一括りにされてしまいます。

 

とは言え、ある日突然片側の聴力が聞こえなくなれば突発性難聴の可能性が高く、医学的に原因が解明されていないものの、病院を受診して症状をチェックしてもらうべきです。

 

また、聴力を回復させられるかは分からないのですが、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)は、耳鳴りといった聞こえのトラブルに大きな効果を発揮するサプリメントとなっております。

 

高齢者の方から絶大な支持を得ているサプリメントとなっており、耳鳴りという不快な症状を緩和できるので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、高齢者の場合は突発性難聴ではなく、加齢によって生じる老人性難聴に悩まされることが多くなり、耳鳴りといったトラブルや聴力の低下といった症状が現れます。

 

実際に、日本人の65歳以上の高齢者で、老人性難聴といった聴覚障害を持っている割合は25%〜40%と非常に高くなっており、身近な症状だということがお分かり頂けるはずです。

 

聴力が低下したり耳鳴りが引き起こされていたりすると、家族や友人と上手くコミュニケーションがとれなくなりますし、イライラ感が募って人と関わるのが怖くなり、精神的に大きな負担が掛かってしまうかもしれません。

 

原因不明の難聴だとしても、耳鼻科を受診して専門医の正しい指示を受けていれば、症状が穏やかになる可能性は十分にあるので、聴力の低下を感じたら放置せずに医師に診せた方が良いというわけです。

 

また、日々の生活で摂取する栄養素も大事で、ローヤルゼリーや酵素分解蜂の子といった成分は、耳鳴りを改善できるということで有名となっております。

 

健康食品でこれらの栄養素をたっぷりと含んだ製品は数多く存在するので、是非気に入ったものを購入してみてください。

 

 


「耳鳴りの症状」に関するページ