頭に響く耳鳴り

 

 

頭に響く耳鳴りについて

耳鳴りの中でも頭に響く耳鳴りが一番辛い症状だと言っても過言ではなく、連続して引き起こされれば日常生活に悪影響が及ぶはずです。

 

頭に響く耳鳴りは「キーン」という高音を伴うことが多く、空気の振動が起こっていないのにも関わらず、耳が錯覚して脳に間違った信号を送ることで生じるという特徴があります。

 

一般的にこのような音が聞こえるという場合は聴覚過敏だと考えられており、耳の奥に痛みを感じることがあるかもしれません。

 

頭に響く音が鳴り響いているため、頭がボーっとして重いものがのしかかっているような感じや、意識が朦朧としてくることもあるのです。

 

こういった耳鳴りが引き起こされる原因についてはまだ完全には解明されていないのですが、自律神経の交感神経が過剰に反応しており、神経を伝達する回路のようなものが興奮状態にあると考えられます。

 

交感神経は私たちが活動している時に活発になる自律神経のことを指し、それが優位になり過ぎることで、頭に響く耳鳴りといった不快な症状が引き起こされるという仕組みです。

 

精神的にイライラすることが多いという方や、肉体的な疲労感を溜め込んでいるという方は、交感神経が活発になりやすいので、リフレッシュしてもう一つの自律神経の副交感神経を優位にできるように施した方が良いでしょう。

 

自分の生活を見直したとしても、耳鳴りは直ぐに改善されるほど甘い症状ではないので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の使用をおすすめします。

 

健康食品を摂取して、体内から体質改善を図ることにより、だんだんと不快な症状が和らいでいくはずなので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、頭に響くような耳鳴りに悩まされているという患者さんは、全体の割合で見てみると約5%と非常に少ないものの、生活に大きな支障が出ると考えられます。

 

「ピー」や「ジー」という音でも気になるので、その聞こえている音が更に高ければ寝ている時も気になってしまうはずです。

 

実際に、耳鳴りに悩まされている患者さんの中で、不眠症を同時に患っているというケースは多く、日々の疲れが更に耳鳴りの症状を悪化させるというように、負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

私たちの耳は「音を拾う」という重要な働きを担っており、それが正常に働かないという状態を長い期間に渡って放置しておくのは危険なので、頭に響く耳鳴りで悩まされているのであれば、一度病院を受診した方が良いでしょう。

 

耳鳴りに効き目のある特効薬がないとしても、個人の体質に合わせてどのようにすれば不快な症状を和らげることができるのかアドバイスしてくれるので、信頼できるクリニックを探してみてください。

 

 


「耳鳴りの症状」に関するページ