耳鳴りと足のしびれ

 

 

耳鳴りと足のしびれについて

耳鳴りを感じたり、足のしびれを感じるという場合は、自律神経失調症の可能性が高いと説明できます。

 

私たちは生きているだけで騒音や気温の変化といった刺激を受けており、その刺激を受けたとしても身体を一定に保つために、自律神経が無意識のうちに働いてくれているのです。

 

しかし、自律神経の交感神経と副交感神経がシーソーのようにバランスを取り合っている状態ならば正常に生活を送れるものの、何かしらの原因でそのバランスが崩れると、身体に不快な症状が引き起こされてしまいます。

 

耳鳴りや足のしびれがその不快な症状の良い例で、他にも動悸や吐き気、倦怠感や頭痛などが挙げられ、自律神経の機能低下によって生じる症状を自律神経失調症と呼んでいるのです。

 

身体が正常な状態であれば足のしびれが引き起こされるということは絶対にないので、何かしらの問題を抱えていると考えた方が良いかもしれません。

 

耳鳴りであれば、飛行機に乗ったり大音量が鳴り響く場所に足を運んだりすることで生じるので、生理的な現象の一つだと説明できます。

 

とは言え、足のしびれが生理現象の一つとして現れることは絶対にないので、自律神経失調症といった病気を疑った方が良いというわけです。

 

生理的な耳鳴りであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)で対処が可能で、実際に使用している高齢者の方は多くいらっしゃいます。

 

それでも、手足のしびれまで和らげるという効能は持ち合わせていないので、1日3粒の美聴泉(びちょうせん)を摂取していくとともに、症状が酷ければ病院で診察を受けてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、身体に異常がなかったとしても、長時間に渡って正座をしていると、足のしびれが引き起こされることがあります。

 

もし、このような状態になってしまったら、直ぐに跪座(ぎざ)の姿勢を取ることで解消できるはずです。

 

跪座(ぎざ)の姿勢とは、ひざまずいて足首を立てて座るような状態を指し、足のかかとに腰を下ろすことで面白いように足のしびれが改善されていきます。

 

また、足をクネクネと曲げたりマッサージを行ったりして、軽いストレッチを行うのも適した方法の一つかもしれません。

 

これらの方法で耳鳴りの改善には繋がらないとしても、足のしびれを和らげることは十分にできるので、試してみる価値は大いにあるはずです。

 

しかし、手足のしびれは、命に関わる重大な病気が原因となり、引き起こされているという可能性も少なからずあるので、頻繁に痺れるという状態の方は、早急に専門医に相談しましょう。

 

 


「耳鳴りの症状」に関するページ