耳鳴りとあくび

 

 

耳鳴りとあくびについて

眠たい時にあくびをすると、耳鳴りが酷くなるという方が多く、これは耳の中の気圧が変化したことが大きな原因となっております。

 

あくびをする時は自然と身体に力が入りますし、耳の中の気圧が一時的に上がっただけの生理的な耳鳴りなので、病気に掛かっているというわけではないのです。

 

骨格や身体の作りには個人差が生じており、あくびによって生じる耳鳴りは生理現象の一つなので、特に対策を練る必要はありません。

 

眠たくなれば人間であれば自然とあくびが生じますし、耳の中の気圧が下がって元の状態になれば、自然と耳鳴りは和らいでいくはずなので、それまで待てば良い話なのです。

 

ただし、あくびをしていないのにも関わらず、慢性的に「キーン」や「ピー」といった耳鳴りが聞こえている場合は、もしかしたら病気が引き金になっているかもしれないので、病院で医師に診てもらった方が良いでしょう。

 

特に、耳鳴りとともに回転性のめまいを引き起こすメニエール病を患っている患者さんが多く、はっきりとした原因は解明されていないのですが、発作が繰り返し引き起こされるようになります。

 

放置していても自然と解消されるような病気ではないので、どのような対処療法を行っていけば良いのか把握するためにも、専門医による診察が必要不可欠なのです。

 

また、自宅で耳鳴りやめまいを治していきたいのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)もおすすめとなっております。

 

美聴泉(びちょうせん)は、聞こえのトラブルやめまいといった症状に効き目があるサプリメントで、このような効能が期待できる製品は少ないので、是非摂取してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記であくびをした時に生理現象の一つとして耳鳴りが引き起こされる可能性があると説明致しましたが、逆に耳鳴りの症状が良くなる場合があります。

 

それは、トンネルの中に入ったりエレベーターで高いところに昇った時などで、あくびをすれば耳管を開かせることができるので、耳鳴りが消えるという仕組みです。

 

あくびをすれば耳の中の気圧を変化させられるので、飛行機の離着陸の際に耳がおかしくなったら、あくびをしたり唾を飲み込んだりするのが良いかもしれません。

 

このようなあくびは誰でも引き起こされる可能性があるものの、あまりにも頻発するのであれば、低血圧や貧血が考えられます。

 

それに、仕事やプライベートなどで寝不足の状態が続いていれば、あくびが頻発するのは自然なことなので、ゆっくりと休息を取って体力を回復させてください。

 

 


「耳鳴りの症状」に関するページ