妊娠中の耳鳴り

 

 

妊娠中の耳鳴りについて

妊娠中の女性の中には、耳鳴りを日常的に感じるという方がおり、これは心にも身体にも大きなストレスが加わったことが原因だと説明できます。

 

妊娠中はただでさえ女性ホルモンのバランスの乱れにより、身体に様々な変化が訪れるようになっており、その影響で耳鳴りを引き起こすことが多いのです。

 

「赤ちゃんが無事に生まれるのだろうか?」「自分の身体はどのように変化していくのだろうか?」という不安も重なり、耳鳴りの症状を悪化させているのではないでしょうか。

 

また、妊娠中の女性は血行が悪くなるという特徴があり、血の巡りの一時的な不安定さが引き金となり、耳鳴りを引き起こしていると説明できます。

 

特に、妊娠初期から臨月にかけては、女性の身体は大きく変化するので、耳鳴りだけではなく貧血や腰の凝りといった症状も現れるようになるのです。

 

更に、妊娠中はどんどん体重が増加していき、身体を動かすのが大変になるので運動不足に陥りやすく、その影響で内耳や中耳の血の巡りが悪くなり、「キーン」や「ブーン」という耳鳴りが生じるようになります。

 

出産を終えてホルモンバランスが安定すれば、これらの不快な症状は改善されていくものの、妊娠している間は普段とは異なる症状が生じるということを頭に入れておかなければなりません。

 

何も対処しなければ耳鳴りに苦しめられ、ストレスを増幅させる大きな原因となるので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の使用をおすすめします。

 

美聴泉(びちょうせん)は健康食品の一種となっており、妊婦さんでも安心して摂取できる栄養素しか含まれていないので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、初めての妊娠を体験するという方は、何かと心配事が多く、落ち込んでイライラすることも増えます。

 

そのイライラが引き金となって耳鳴りの症状を悪化している可能性もあるので、疲れを感じた時は早めに休息を取ってストレスを解消していかなければならないのです。

 

適度な運動を心掛けるのも耳鳴りの対策の一つとなっており、妊娠中は激しい運動をなるべく控えなければならないので、ウォーキングといったようにできる範囲で身体を動かすようにしましょう。

 

このように、日常生活に注意していても、耳鳴りの症状が落ち着かないというのであれば、市販薬といった医薬品に頼るのではなく、まずは担当の先生に相談してみるべきです。

 

産婦人科の先生が耳鳴りに関する知識がないとしても、妊婦さんの負担を和らげる方法を掲示してくれるはずですし、別の耳鼻科を紹介してくれることもあります。

 

場合によっては、ビタミン剤や精神安定剤のようなものが処方されることもあり、医師が指示する用法と用量を守って服用していれば、副作用で悩まされることはないはずです。

 

 


「耳鳴りと年齢」に関するページ