耳鳴りと年齢

 

 

耳鳴りと年齢について

耳鳴りと年齢には大きな関係性があり、10代や20代といった若者よりも、60代や70代といった高齢者の方が症状の悪化に悩まされやすいという特徴があります。

 

これは、年齢を重ねることによって聴覚の機能が衰えることが大きな原因で、実際に60歳以上の高齢者の約3人に1人は、日常的に耳鳴りを感じているのです。

 

この数字は加齢変化による難聴の発症割合とも一致しており、耳の障害そのものが年齢と深く関係しているということがお分かり頂けるでしょう。

 

また、耳鳴りは耳周辺の血行不良によって引き起こされているとも考えられており、血液の流れは年齢を重ねることによって悪くなっていきます。

 

このように、年齢を重ねれば重ねるほど、耳鳴りに悩まされる確率はどんどん上昇していくので、高齢者ほどの日頃のケアを慎重に行った方が良いというわけです。

 

ストレスを溜め込むような生活を送っていたり、食生活が乱れていたりすると、更に耳鳴りの症状が酷くなる原因となるので、健康的な身体を維持するためにも規則正しい生活を送るように心掛けなければなりません。

 

もちろん、生理的な耳鳴りであれば年齢を問わず引き起こされるものの、高齢者ほどのその割合が高いということは間違いないので、少しでも苦しい症状から逃れるためにも、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を使うべきです。

 

耳鳴りやめまいといった不快な症状を和らげられるサプリメントは実に少ないので、有効成分がたっぷりと入った美聴泉(びちょうせん)を取り入れてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、年齢とともに引き起こされやすくなるのは耳鳴りだけではなく、聞こえがだんだんと悪くなる加齢性難聴も挙げられます。

 

高齢者の方であれば、誰でも患う可能性があるのが加齢性難聴で、程度や進行の早さには個人差があるものの、同時に耳鳴りを引き起こすことが多いのです。

 

加齢性難聴に加え、「騒音が酷い場所で働いていた」「遺伝的な関係が疑われる」「喫煙や飲酒が習慣化している」という方は、余計に症状が悪化しやすくなるので注意が必要となります。

 

以上のように、年齢を重ねれば重ねるほど、耳鳴りの症状に悩まされやすいものの、近年はミュージックプレーヤーの普及によってイヤホンやヘッドフォンを使って音楽を聞くような若者が増えました。

 

周りにも音が漏れるような大音量で音楽を流し、それをイヤホンやヘッドフォンで聞いていると、耳の機能に障害を与えて耳鳴りが引き起こされてしまうかもしれません。

 

以前に比べて、耳鳴りに悩まされている若者の数は圧倒的に増えているので、耳に大きな刺激を与えないようにしましょう。

 

 


「耳鳴りと年齢」に関するページ