耳鳴りに効くツムラの漢方薬の種類は?

 

 

耳鳴りを漢方薬で治すメリットは?

耳鳴りと一口に言っても、女性ホルモンの急激な減少で不快な症状が出る更年期障害や平衡感覚の機能が低下するメニエール病、交感神経と副交感神経の自律神経に異常が出る自律神経失調症など幾つもの原因が考えられます。

 

耳鳴り自体を治す前に、まずは何が原因でピーやキーンといった不快な音が出ているのか見極めることから始めなければなりませんね。

 

原因によって異なりますので一概には説明できないものの、現在では漢方薬を使って耳鳴りを治す高齢者が増えました。

 

東洋医学では漢方薬を服用する耳鳴りの治し方が注目を集めていて、他の方法とは違うメリットについて見ていきましょう。

 

・身体の内側から体質改善を図って耳鳴りが引き起こされにくい状態を作れる

・西洋薬と比較してみると作用が穏やかで、副作用で悩まされるリスクが少ない

・耳鳴り以外にも偏頭痛やめまいなどの不定愁訴にも効き目がある

・血管拡張薬や抗不安薬で改善されない耳鳴りに効果的

 

耳鳴りの改善や治療は、皆さんが想像しているよりも長引く可能性があります。

 

つまり、医薬品を使って治療する場合は長期間に渡って服用しなければならないため、副作用のリスクが少なくて穏やかな作用が期待できる漢方薬は選択肢の一つですよ。

 

西洋医学が苦手とする原因不明の耳鳴りや、自律神経失調症を伴う症状で悩まされている方は、漢方薬を服用して身体の内側から体質改善を図ってみてください。


耳鳴りに効くツムラの漢方薬の種類をチェック!

「漢方薬と言えばツムラ!」とイメージしている方は多いのではないでしょうか。

 

確かに、自然と健康を科学する株式会社ツムラでは豊富な種類の漢方薬が用意されていて、当然のように耳鳴りに効き目を示す医薬品もたくさんあります。

 

そこで、以下では耳鳴りに効くツムラの漢方薬の種類を幾つか挙げていますので、「どれを服用すれば良いの?」と疑問を抱えている方は一度チェックしておいてください。

 

加味逍遙散(かみしょうようさん):虚弱体質の女性におすすめの種類の漢方薬で、自律神経の乱れを改善してイライラや不安感を抑える

耳鳴丸(じめいがん):貧血性の耳鳴りに効果が高く、疲労感を感じる人や足腰がだるい人にもおすすめ

八味丸(はちみがん):「疲労倦怠が激しい」「手足が冷えやすくて寒がり」「夜中に尿意を催す」という人に適している

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう):水分の循環を促して尿の出を良くする作用を持ち、水分代謝の異常で耳鳴りが出ている方におすすめ

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう):虚弱体質で貧血性の耳鳴りやめまいに効果が高く、中耳炎の治療としても用いられている

五苓散(ごれいさん):猪苓(チョレイ)や蒼朮(ソウジュツ)などの生薬を含む漢方で、メニエール病による耳鳴りやめまいに効果を発揮する

 

ツムラの漢方薬はストレスや水分代謝の異常、腎機能低下や高血圧など様々な原因の耳鳴りの緩和をサポートしてくれますので、どれが自分の体質に合うのか比較してみるべきですね。


漢方薬にも少なからず副作用があるので注意!

ツムラの漢方薬に限らず、医薬品である以上は副作用のリスクが少なからずありますので注意しなければなりません。

 

耳鳴りを漢方薬で治すに当たり、他の不快な症状で悩まされる可能性は十分にあるわけですね。

 

そこで、副作用が怖いと考えている方には、サプリメントの美聴泉(びちょうせん)の摂取をおすすめします。

 

美聴泉(びちょうせん)は医薬品ではなく健康食品に分類されていますし、自然派成分で構成されているからこそ安全性が非常に高いのです。

 

身体の内側から聞こえのトラブルを和らげるサポートをしてくれますので、耳鳴りや難聴で悩んでいる方は是非一度美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 


「耳鳴りの治し方」に関するページ