耳鳴りに効く食べ物

 

 

耳鳴りに効く食べ物について

耳鳴りに効く食べ物はアサリやシジミといった魚介類や、レバーといった肉類が挙げられ、この中にはビタミンB12が含まれております。

 

ビタミンB12には末梢神経の代謝を促進する作用を持ち合わせており、耳鳴りやめまいといった不快な症状を和らげる作用があるのです。

 

意識して摂取しなければ不足しやすい栄養素なのですが、肉類だけで取り入れようとすると脂肪分の過剰摂取に繋がるので、魚介類といった食べ物を中心にした方が良いでしょう。

 

また、疲れによって耳鳴りが酷くなっているのであれば、ビタミンB1が含まれた豚肉や大豆といった食べ物が適しております。

 

大豆製品の豆腐や納豆であれば、スーパーで販売されているので毎日食べやすい食べ物ですし、ビタミンB1が不足すると脳の働きの低下に繋がるので十分に気を付けなければならないのです。

 

それに、大豆製品の中には血管を掃除して血行を促してくれるレシチンと呼ばれる栄養素も含まれており、耳周辺の血行を悪くなることで症状の悪化に繋がりやすいので、耳鳴りに効く食べ物だと説明できます。

 

もちろん、特定の食べ物を食べていれば耳鳴りが良くなるというわけではなく、他の病気を予防するためにも、各種ビタミンやミネラルをバランス良く摂取していかなければなりません。

 

もし、普段の食生活でこれらの食べ物を食べていくのが難しいのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の摂取をおすすめします。

 

美聴泉(びちょうせん)は、耳鳴りに効く栄養素がたっぷりと含まれた健康食品の一つとなっており、高齢者の方から高い評判となっているので、是非取り入れてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りに効く食べ物として梅干も挙げられ、この中に含まれているベンジルβ-D-グルコピラノシドと呼ばれる成分は鎮痛作用を持ち合わせております。

 

耳鳴りで悩んでいる方の中には、頭痛を併発していることも意外と多く、2つの症状によって日常生活に支障が出ることもあるので、梅干を積極的に食べた方が良いというわけです。

 

1日に何個も食べられる食品ではありませんが、梅干の中のクエン酸も疲労回復効果があるので、白いご飯のおともとして取り入れるのが良いでしょう。

 

このページでご紹介しているような食べ物を食べるように心掛けていれば、耳鳴りが急に酷くなるという事態を避けられるはずですし、自然と他の病気の予防にも繋がります。

 

逆に、神経を興奮させる作用のあるカフェインが含まれた飲み物を過剰に摂取していると、耳鳴りやめまいといった症状の悪化に繋がるので、コーヒーや紅茶の常飲はできる限り避けてください。

 

 


「耳鳴りの治し方」に関するページ