耳鳴りとリンパ

 

 

耳鳴りとリンパについて

耳鳴りの原因の一つがリンパの詰まりで、耳たぶの後ろ側に位置している耳介後部リンパ節が詰まると、不快な音が引き起こされるようになります。

 

耳鳴りが慢性的に引き起こされているのであれば、リンパ節に塊ができている可能性が高く、梅干の種ぐらいに肥大しているという方も少なからずいらっしゃるのです。

 

つまり、この詰まりによって血液がスムーズに流れなくなり、血行が悪化したことが原因で耳鳴りが酷くなっていることが多いので、リンパの流れを回復するのが効果的な治し方だと説明できます。

 

リンパの流れを良くするためには、普段の食事内容に注意が必要で、加工食品に代表されるソーセージやかまぼこといった魚介干物を多く摂取している方は、リンパ液の流れが悪くなって血行が停滞するという特徴があるのです。

 

リンパ液には、血液の欠片といった老廃物を体外に排出する働きを持ち合わせているので、耳鳴りの症状を悪化させないためにも、魚介干物といった食べ物はできる限り避けなければなりません。

 

そこで、ニンジンや玉ねぎ、ほうれん草や大根といった野菜は、リンパの流れを良くする作用を持ち合わせているので、これらの食べ物を摂取するように心掛けていれば、耳鳴りの予防に繋がります。

 

とは言え、外食が中心の方は、野菜不足に悩まされていることが多く、必要な栄養素を毎日摂取できないかもしれないので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を摂取しましょう。

 

美聴泉(びちょうせん)の中には、耳鳴りやめまいの症状を抑える栄養素がたっぷりと含まれているので、自宅で治したいという方は一度試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、リンパの流れが滞ると耳鳴りの原因になるだけではなく、身体の余分な水分を回収することができなくなるので、下半身のむくみや体調不良に繋がります。

 

リンパの流れが滞ることで免疫機能が低下することが分かっており、体内の細菌といった有害物質を浄化することができなくなり、病気に掛かりやすくなるかもしれません。

 

リンパは全身に張り巡らされており、その中でも耳鳴りと大きく関係しているのは首の付け根で、この場所には300ものリンパ節が集まっております。

 

この部分のリンパの流れが悪くなると、耳周辺の血行も悪化して耳鳴りが酷くなり、肩こりや頭痛といった症状にも繋がるのです。

 

そこで、身体の内側から綺麗になるためにも、首の付け根辺りをリンパマッサージして解していきましょう。

 

病院では、リンパマッサージの正しい方法について指導していることがあるので、専門医の意見を伺ってみてください。

 

 


「耳鳴りの治し方」に関するページ