耳鳴りとランドセン

 

 

耳鳴りとランドセンについて

耳鳴りの症状に効き目があると言われている医薬品がランドセンで、日常的に使用する薬ではないので聞き慣れないかもしれません。

 

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬がランドセンで、「けいれんを抑える」「自律神経の発作を抑える」「精神運動発作を抑える」など様々な効能を持ち合わせております。

 

そのため、うつ病やてんかん、睡眠障害など様々な病気の緩和のために使われており、医師から処方されて服用するという形です。

 

恐らく、自律神経を整える作用がランドセンにはあるからこそ、耳鳴りの治療としても活用されているのではないでしょうか。

 

自律神経の乱れによって引き起こされる代表的な病気が自律神経失調症で、めまいや耳鳴り、肩こりや動悸などその症状は個人によって異なります。

 

特に原因が見当たらないのにも関わらず、不快な身体的症状や精神的症状を引き起こすのが自律神経失調症の特徴で、場合によってはランドセンが処方されるのです。

 

もちろん、どの医薬品が自分の体質や症状に合っているのか素人では正確に判断できないため、病院を受診して専門医の判断に委ねた方が良いのは間違いありません。

 

ランドセン以外にも、耳鳴りの治療として医療機関では以下のような医薬品が処方されております。

 

 

ストミン:末梢血管を拡張させるニコチン酸アミドが配合されている

アデホス・ATP:血管拡張作用によって内耳の血流量を増加させる

カルナクリン:血管を拡張させる作用があり閉塞性血栓血管炎の治療にも用いられている

ユベラニコチネート:末梢血流改善作用が得られるビタミンEがバランス良く配合されている

ケタス・サアミオン:内耳ではなく脳に問題がある耳鳴りの時に処方される

 

 

基本的に、血流改善作用のある医薬品が処方されることが多く、内耳の血流不順を治して耳鳴りの症状を和らげていきます。

 

「耳鳴りには○○○の薬が良い」とは決められていないため、「ランドセンで効果が出なければストミン」と処方される医薬品が変わるケースも多いはずです。

 

どのような医薬品にしても副作用のリスクがあるので、医師から用法と用量をきちんと伺っておいた方が良いのではないでしょうか。

 

当サイトでは、「副作用なく耳鳴りの症状を和らげたい」と考えている高齢者のために、サプリメントの美聴泉(びちょうせん)をご紹介しております。

 

医薬品の効能に頼らず、身体の内側から耳鳴りの症状を和らげるために体質改善を図れる健康食品なので、是非一度通販で美聴泉(びちょうせん)を購入してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの治し方」に関するページ