耳鳴りと安定剤

 

 

耳鳴りと安定剤について

耳鳴りの症状を抑える薬の一つが精神安定剤で、抗不安薬と言われる場合もあります。

 

精神安定剤は引き起こされている不快な音を直接的に抑える効果と、耳鳴りに対する不安を取り除くという効果があり、治療法の一つとして採用されているのです。

 

耳鳴りが引き起こされていると、「キーン」や「ピー」、「ジー」といった音が気になってしまい、眠れなくなるという状態に陥る方はいらっしゃいます。

 

そして、布団に入った時に、「また今日も同じように眠れないのではないか?」という不安が頭をよぎり、精神的なストレスが溜まって余計に症状が悪化するという仕組みです。

 

このような不安を取り除き、快適な生活を手に入れるためにも、精神安定剤の服用はかなり効果的な耳鳴りの治し方の一つかもしれません。

 

それに、内耳に障害が起こり、自発放電が増加することで耳鳴りが引き起こされているのであれば、それを抑制する効果のある精神安定剤を服用することによって、症状の軽減に繋がります。

 

一般的に、精神安定剤は病院を受診した時に専門医から処方されることが多く、用法と用量を守って服用していくとともに、耳鳴り以外の音に耳を傾ける環境を作るようにすることが大事です。

 

とは言え、安定剤を今後ずっと服用していくわけにはいかないですし、最終的には医薬品に頼らなくても耳鳴りを改善できる状態に持っていく必要があるので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

医薬品ではありませんし、依存してしまう心配はないので、是非美聴泉(びちょうせん)を摂取してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、精神安定剤に限った話ではありませんが、医薬品の類のものは長期的に連用していると、服用を中止できない依存症に陥る場合があります。

 

そのため、徐々に内服量を減らして、精神安定剤を摂取しなくても耳鳴りが気にならないというような状態を作っていかなければならないのです。

 

また、代表的な精神安定剤としてソラナックスやメイラックスが挙げられ、眠気や頭痛、ふらつきといった副作用が引き起こされる可能性があります。

 

自律神経を安定させる作用もあり、精神的なストレスを抱えている方には有効なのですが、副作用のリスクがあるということを心得ておかなければなりません。

 

もちろん、他の医薬品にも何かしらの副作用がありますし、自分の判断で服用していくのは危険なので、必ず専門医の指示に従うようにしてください。

 

 


「耳鳴りの治し方」に関するページ