耳鳴りと空気圧

 

 

耳鳴りと空気圧について

「キーン」や「ボー」という耳鳴りは、大気圧と鼓膜の内側の空気圧の差によって引き起こされることが多く、個人によっては気になって仕方がないという状態に陥ります。

 

軽度の症状であれば特に気にならないかもしれませんが、症状が慢性化していると、外出中でも就寝中でも絶え間なく耳鳴りが鳴り響き、ストレスが溜まる大きな原因となるのです。

 

とは言え、病気が原因ではなく、生理的な症状の一つとして耳鳴りが引き起こされているのであれば、唾を飲み込んだりあくびをしたりすることで、解消できるでしょう。

 

これは、耳管が開いて空気圧を調節してくれるため、耳の中の詰まった感じが取り除かれ、結果として耳鳴りの解消に繋がるという仕組みです。

 

飛行機の離着陸の時や、高層ビルのエレベーターで昇降した際に耳鳴りが生じるのは空気圧が原因なので、唾を飲み込んで耳抜きを行い、空気圧を調節するのが簡単な対策だと説明できます。

 

しかし、飛行機に乗った時だけではなく、日常的に耳鳴りが引き起こされているのであれば、他の対策も同時に行わなければ改善できないかもしれないので、美聴泉(びちょうせん)の使用がおすすめです。

 

耳鳴りやめまいといった原因不明のトラブルで悩んでいる方に、効き目がある健康食品となっているため、体内から体質を改善するために、美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記で説明したように、耳鳴りは外気と鼓膜の内側の空気圧との差で生じるというメカニズムとなっており、原因がはっきりとしているパターンもあります。

 

老化や騒音などが良い例で、年齢を重ねるとともに聴覚の機能が低下したことによって耳鳴りを引き起こしやすいですし、大音量が流れる場所に長時間に渡って滞在していれば、耳に大きな負荷が加わるのです。

 

他にも、薬の副作用によって耳鳴りが酷くなる場合もあるので、何かしらの病気を治すために医薬品を服用していくのであれば、事前に専門医や薬剤師の方に、身体にどのような影響が生じるのか伺っておいた方が良いかもしれません。

 

また、精神的なストレスも耳鳴りの症状を悪化させる大きな原因の一つで、心身ともに負担が加われば耳鳴り以外にも不快な症状が引き起こされやすくなるので、生活の質の低下に繋がります。

 

些細なことでも人間はストレスを強く感じる生き物なので、快適な生活を送るためにも、運動や入浴といった方法を用いてリフレッシュするようにしましょう。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」に関するページ