耳鳴りと風邪

 

 

風邪が原因の耳鳴りについて

「キーン」という高音の耳鳴りに悩まされているという方は、風邪が原因で引き起こされているのかもしれません。

 

耳鳴りの原因は人によって様々なので、一概に説明することはできないものの、風邪によって生じることは十分にあり得ます。

 

風邪を引いて熱があり、鼻水が止まらなくなって喉も痛く、更に耳鳴りが生じていたらゆっくりと眠りに付くことができないはずなので、耳鳴りが生じやすい体質の方はできる限り風邪を引かないように予防しなければならないのです。

 

風邪が原因で耳鳴りが引き起こされているのであれば、その風邪を治すことが先決で、そうすれば徐々に症状は落ち着いてきます。

 

しかし、赤ちゃんや子供の場合、風邪のウイルスが耳管の中に入り込み、鼓膜の奥に水が溜まって音が伝わりにくくなる急性中耳炎を発症するかもしれないので注意が必要です。

 

子供が成長すれば身体のどこかに異常があれば、それを言葉で訴えることができるのですが、赤ちゃんの場合はそれを言葉に表すことができず、泣き止まないという状態が続く可能性があります。

 

風邪が原因で発症した急性中耳炎を放置していると、滲出性中耳炎や慢性中耳炎といった治りにくい病気に発展するかもしれないので、赤ちゃんの様子には気を配った方が良いでしょう。

 

病院で行われている治療法としては、耳の中を洗浄したり医薬品を処方したりする保存療法と、症状が進行している際はCTを撮って検査を行い、耳の手術を行う外科的療法がとられることがあります。

 

どの治療法で急性中耳炎を治していくにしても、自然に治るような病気ではないので、病院を受診して医師の指示に従っていかなければならないのです。

 

大人の場合、風邪を引いた際に鼻水が止まらないからといって鼻を強くかみすぎ、激痛が走る中耳炎を伴うことが多く、耳鳴りの原因になるだけではなく難聴を患う可能性も十分にあります。

 

症状の悪化には早急に対処していかなければならないので、ただの風邪と甘く見ないで正しい対処法を医師に伺っておかなければなりません。

 

もちろん、風邪をしっかりと予防することが耳鳴りの予防にも繋がるはずなので、ビタミンやクエン酸といった栄養分が含まれた野菜や果物を摂取し、栄養素のバランスに気を配るべきです。

 

睡眠不足に陥らないように、毎日良質な睡眠をとり、毎日の疲労をきちんと回復させて身体の免疫力を高めるというケアも必要となります。

 

もし、風邪を引いていないのにも関わらず、耳鳴りが酷いという状態であれば、他の原因によって引き起こされていることが多いので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)で対策を練るべきです。

 

耳鳴りの症状を回復してくれるような製品はかなり少ないので、是非美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」に関するページ