耳鳴りと金縛り

 

 

耳鳴りと金縛りについて

夜にグッスリと眠っていたのにも関わらず、夜中にパっと目が覚めて頭が覚醒しているのに身体が全く動かないという金縛りを、体験した方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

この金縛りの最中に、人によっては耳鳴りを感じる場合があり、耳の中で変な音が聞こえて更に頭痛を引き起こしているような状態は悲惨だと言えます。

 

以前までは、金縛りは幽霊や悪魔の仕業だと考えられており、世界中で様々な仮説が立てられるほど謎の多い症状だったものの、眠りの浅いレム睡眠時に生じるということが分かりました。

 

私たちは眠りの浅いレム睡眠と、眠りの深いノンレム睡眠を繰り返しており、レム睡眠時は筋肉は動かないものの脳は覚醒している状態なので、この時間帯に目覚めると金縛りに合うという仕組みです。

 

耳鳴りを引き起こす金縛りの場合、電気に感電したようにビリビリと振動して身体が動かなくなり、声が出せないという状態に陥ります。

 

このような症状が寝ている最中に引き起こされ、同時に耳鳴りが酷ければ何かの病気を疑うかもしれませんが、人が一生の間に金縛りを体験する確率は約50%と言われているので心配はありません。

 

毎日のように金縛りにあっているのであればまだしも、数年に1回というペースであれば、耳鳴りがしていても特別な治療を施す必要はないのです。

 

金縛りにあっていないのにも関わらず、耳鳴りが酷いのであれば他の原因が考えられるので、当サイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

しっかりと健康食品を飲み続けることにより、少しずつ変化を感じられる製品なので、耳鳴りで悩む高齢者の方は一度美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、金縛りは絶対に耳鳴りを伴うというわけではなく、寝ていると突然自分の身体に重いものがのしかかり、圧迫感を感じるだけという症状が引き起こされる場合があります。

 

上記で説明したような金縛りとは少々異なっており、耳鳴りや全身がビリビリとした感触を伴わないのが大きな特徴なのです。

 

どちらの金縛りにしても、身体に異常が引き起こされているというわけではありませんし、健康な身体の人でも金縛りにあうことはあるので、気にする必要は全くありません。

 

とは言え、睡眠の質が低下しているという方や、睡眠不足が不足しているという方は、金縛りが引き起こされやすいという特徴があるので、一度自分の睡眠に関して見直してみるべきです。

 

仮に、睡眠時間を長めに取っていたとしても、睡眠の質が低下していては意味がないので、グッスリと眠れるような対策を行っていきましょう。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」に関するページ