耳鳴りと下痢

 

 

耳鳴りと下痢について

耳鳴りと下痢には特に関係性がないので、同時に引き起こされるということは少ないものの、自律神経失調症という病気を患った場合は別です。

 

自律神経失調症は、特に原因が思い当たらないのにも関わらず、身体に不快な症状が引き起こされる病気のことを指し、耳鳴りや下痢といった症状が現れます。

 

他にも、片頭痛や吐き気、不安感ややる気が出ないというように、うつ病と同じような症状を発症することが多く、自律神経の乱れが主な原因です。

 

私たちの身体は自律神経の交感神経と副交感神経が上手くバランスをとっており、そのお陰で発汗したり血液が循環したりと、正常な活動に繋がっております。

 

簡単に説明すると、自律神経失調症はそのバランスが取れなくなったような状態を指し、耳鳴りや下痢といった症状が引き起こされるのです。

 

その自律神経のバランスが崩れる大きな原因が、過剰な疲労や精神的なストレスとなっているため、自分の生活が乱れているなと感じたら、十分に注意しなければなりません。

 

交感神経が働かなければならない場面で副交感神経が優位になったり、その逆が引き起こされたりしていると、自律神経失調症を患う可能性が非常に高くなります。

 

もし、耳鳴りだけが引き起こされているというのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を摂取することで改善できるでしょう。

 

しかし、自律神経失調症を患っていては、その根本的な原因を排除しなければならないので、美聴泉(びちょうせん)を毎日の生活に取り入れるとともに、ストレスや疲れには十分に注意してください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、下痢が引き起こされて辛いというのであれば、腸をマッサージしたり水分補給を心掛けたりといったケアを行っていく必要があります。

 

あまりにも水分をとりすぎるのは危険なものの、体内から必要な水分が不足し、脱水症状を引き起こすことも十分にあり得るので、水分摂取を心掛けた方が良いのです。

 

医薬品に頼るのも一つの選択肢なのですが、自律神経失調症を治さなければ一時的な解消にしかならないので、病院で診察を受けた方が良いかもしれません。

 

「耳鳴りやめまいが頻繁に起こる」「たまに息苦しくなることがある」「寝ても寝たりない」「夏場でも手足が冷えることがある」「立ちくらみが引き起こされる」という方は、自律神経失調症を患っている可能性があります。

 

もし、全てに当てはまるというのであれば、直ぐに休息を取って心身ともにリフレッシュさせるとともに、専門家に相談するようにしましょう。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」に関するページ