耳鳴りと不眠

 

 

耳鳴りが原因の不眠について

耳鳴りが原因で不眠症状に陥り、疲労感が溜まって日常生活に支障が出ているという方は多くいらっしゃいます。

 

確かに、どんな人でも基本的に何かしらの音が発生している状態では寝付くことができませんし、リラックスできる心地良い音であればまだしも、耳鳴りは絶対に不快に感じてしまうはずです。

 

実は耳鳴りに悩まされているという方は、日本で600万人を超えており、これだけの方が不眠症に陥る可能性を秘めております。

 

同時にめまいを引き起こすメニエール病や突発性難聴、中耳炎など耳鳴りを引き起こす原因は人によって異なるものの、どのような原因でも不快な音が生じることで不眠に繋がるのは不思議ではありません。

 

睡眠障害の辛いところは、寝ようと考えれば考えるほど逆に目が冴えてしまい寝付けなくなることで、疲労感やストレスを溜め込む大きな原因となります。

 

このように不眠の原因が分かっているのであれば、耳鳴りを治すしか方法はないので、耳鼻科で実施されているTRT療法やマスカー療法など、耳鳴りの音を意識させないようにする治療法が最適です。

 

夜になって寝ようとしてシーンとした状態となれば、耳鳴りの音は余計に響いて更に不眠の症状が悪化するかもしれないので、早めの対処が必要となります。

 

このサイトでは、耳鳴りを治せる健康食品の美聴泉(びちょうせん)をご紹介しており、副作用はないので高齢者の方でも安全に摂取できるでしょう。

 

聞こえのトラブルに効き目があると、非常に人気の高いグッズとなっているので、一度美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記では耳鳴りが原因で不眠が生じているというパターンの話をしましたが、逆に不眠が原因で体調が悪化し、耳鳴りが引き起こされているというケースの方も存在します。

 

不眠の原因も多岐に渡っているため、一概に説明することはできないものの、過度の精神的なストレスによって発症する自律神経失調症の可能性が高いのです。

 

自律神経失調症を患うと、耳鳴りだけではなく、身体の一部分が震えたり常に冷や汗が出たりといった症状が引き起こされ、日常生活に支障を来たすことは間違いありません。

 

更に、「明日は仕事だから早く寝なければ・・・」「寝ないことは身体に良くない」と自分にプレッシャーを掛け過ぎることで、不眠の症状は悪化していくのです。

 

神経が興奮状態に陥れば、余計に眠れなくなってしまうはずなので、不眠の方は心身ともにリラックスするような対策を練った方が良いと言えます。

 

半身浴をして身体を温めてみたり、心地良い音楽を流してリフレッシュしたりと、自宅で行える対策の方法は幾つでもあるのです。

 

しかし、重度の不眠症を患っているという方は、自宅でのケアでは改善に至らないかもしれないですし、耳鳴りの症状が酷くなることもあるので、病院を受診して漢方薬や睡眠薬の処方をしてもらうのは一つの選択肢だと言えるでしょう。

 

心脾両虚(しんぴりょうきょ)や陰虚火旺(いんきょかおう)といった漢方薬が不眠に適していると考えられているので、薬剤師に伺って服用してみてください。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」に関するページ