耳鳴りと脱水症状

 

 

耳鳴りと脱水症状について

脱水症状に陥ると、塩分バランスの崩れによって耳鳴りや吐き気、頭痛といった不快な症状が身体に引き起こされやすくなるので、気温が上がる夏場には特に注意しなければなりません。

 

「熱中症には気を付けよう」と夏場にはニュースが流れるものの、毎年のようにタンカで運ばれるという方がおり、場合によっては命の危険に関わることがあります。

 

脱水症状は単純に体内から水分が失われているだけではなく、電解質も同時に失われた状態を指し、体液が濃い部分を薄め、体内で浸透圧のバランスが維持できなくなるのです。

 

脱水症状には体液の浸透圧が高くなる高張性脱水や、逆に低くなる低張性脱水というように幾つかの種類に分かれます。

 

どの症状だとしても、身体が危険な状態に陥ることは間違いなく、耳鳴りといった軽い症状だけではなく、意識障害や強度の衰弱など、危険な状態に晒されることも十分にあり得るでしょう。

 

もし、夏場に炎天下の中で何かしらの作業を行っており、立ちくらみといった症状が引き起こされていると、脱水症状の可能性が非常に高いので、まずは横になって安静にし、可能ならば直ぐに水分補給をしなければならないのです。

 

水分を定期的に補給していれば脱水症状を引き起こす確率は低いですし、耳鳴りを中心とした不快な症状も回避できます。

 

仮に、体重の4%程度までの脱水であれば、水分を飲むことで回復できますし、意識障害といった大きな事態に陥ることはないはずです。

 

水分補給をする際、普通の水を飲んでも良いのですが、体液に近い濃度の電解質が配合されていると体内への吸収が早まるので、水に少量の塩分を加えた方が良いかもしれません。

 

ミネラル分を含んだスポーツドリンクも脱水症状の予防に適した飲み物の一つとなっており、体内への吸収スピードを考えて、温かい飲み物よりも冷たい飲み物の方が良いのです。

 

ただし、極端に冷たい飲み物は、逆に身体に大きな負担を加えてしまうので、夏場でも適度に冷たい状態の飲み物を摂取する必要性があります。

 

以上のように、小まめに水分補給を心掛けることが、脱水症状の予防の最善策で、夏場はペットボトルなどで直ぐに水分を摂取できるようにしておくべきです。

 

脱水症状ではないのにも関わらず、耳鳴りが酷いのであれば別の原因が考えられるので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)が適しております。

 

毎月自宅に製品が届けられる定期コースに加入すれば、美聴泉(びちょうせん)をお一つ11,664円で手に入れることができるので、是非試してみてください。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」に関するページ