耳鳴りと聴覚過敏

 

 

耳鳴りと聴覚過敏について

聴覚過敏とは、音が耳につんざくように響く症状のことを指し、耳鳴りと一緒に引き起こされているという方はいらっしゃいます。

 

実は、耳鳴りを日常的に感じている方の約7割は聴覚過敏が同時に起こっていると考えられており、音がさほど大きくなくても不快に感じるのが特徴です。

 

「女性の声が頭に響く」「常に音が響いて眠れない」「電車のアナウンスの音が我慢できない」「食器やお皿の音が我慢できない」という症状の方は、ただの耳鳴りではなく聴覚過敏だと考えた方が良いでしょう。

 

個人によって引き起こされる症状には違いが生じているものの、聴覚過敏が強くなっていくと耳の奥に痛みを感じるケースが多く、この点が生理現象として生じる耳鳴りとの大きな違いだと説明できます。

 

トンネルの中に入ったりエレベーターで高い場所へ行ったりすると、誰でも耳鳴りを起こすことがありますが時間の経過によって自然と解消されていくはずです。

 

一方で、聴覚過敏は耳の奥を塞いでも抑えることができず、定期的に音が鳴ったり痛んだりという症状に悩まされるので、精神的なストレスを抱える方も少なくありません。

 

不安感が強くなってうつ病のような症状があらわれたり、めまいやふらつきといった症状が併発したりする前に、耳鳴りと聴覚過敏に対する適切な対処が必要です。

 

これらの症状を抑えるために耳鼻科を受診すると、耳の聴力検査や血液検査、脳のMRIを行い、身体のどこに原因が潜んでいるのか調べていきます。

 

とは言え、耳の器官の蝸牛に炎症などが生じており、耳鳴りや聴覚過敏が引き起こされていたとしても、蝸牛は特殊な構造をしているので原因不明と医師から告げられる可能性があるのです。

 

それでも、耳鳴りと聴覚過敏の治療は意外と似ており、補聴器を使用して耳の中に小さなノイズを発生させ、だんだんと気にならなくさせる耳鳴り再訓練療法(TRT)が最適だと考えられております。

 

耳鳴り再訓練療法(TRT)は、医師によるダイレクティブカウンセリングと、ノイズを聞かせることで耳鳴りの音から意識を逸らす音響療法(Sound Therapy)の2つで構成されており、聴覚過敏の治療にも有効なのです。

 

また、自律神経失調症によって聴覚過敏の症状が悪化しているケースも意外と多く、そのような方は免疫力を上げて体質改善を行うという治療が良いかもしれません。

 

どちらにしても、自然と耳鳴りが解消されないことも十分にあるので、耳鼻科を受診して医師の指示に従った治療を受けるようにしてください。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」に関するページ