耳鳴りと便秘

 

 

耳鳴りと便秘について

便秘とは、数日間に渡って排便できないような状態を指し、個人によって症状は異なるものの、腸内の悪玉菌が増えて腐敗物質が作られやすくなり、環境が悪い状態になっていると説明できます。

 

腸内で発生した腐敗物質はやがて全身を巡り、自律神経に作用して働きを乱すようになるので、同時に耳鳴りが引き起こされることがあるのです。

 

もし、便秘と耳鳴りが同時に引き起こされているのであれば、ストレスや疲れによって自律神経が乱れている状態だと考えた方が良いでしょう。

 

身体にありとあらゆる不調を来たす自律神経失調症を患った場合も、耳鳴りと便秘が同時に起こる可能性があり、他にも頭痛や吐き気といった症状が生じることがあります。

 

自律神経失調症は人によって引き起こされる症状に違いがあるので、「○○○になったら自律神経失調症」と特定できるわけではありません。

 

しかし、正常な状態であれば耳鳴りと便秘が同時に起こることは少ないですし、他にも不快な症状が引き起こされているのであれば、自律神経の乱れが原因だと考えるのが普通です。

 

いくら便秘薬を服用したとしても、この病気を治さなければ改善へと向かうことはできないので、病院へ足を運んで専門医の指示を受けるのがベストだと説明できます。

 

耳鳴りだけに悩まされているのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)が最適で、便秘の症状は回復できないものの、聞こえのトラブルを改善してくれる健康食品なのです。

 

毎月90粒入りの1箱を定期購入すると、10%オフの11,664円で入手できるので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りと便秘が同時に起こっているのであれば、自律神経のバランスを整えるのが大事で、そのためには夜の過ごし方が重要だと考えられております。

 

副交感神経は夜中の12時にピークを迎えるという特徴があり、ぜん動運動を促して便秘を改善するためには、この時間に既に眠りに付いているのがベストなのです。

 

仕事が忙しいという理由で、12時までにベッドにつくのが難しいという方はいらっしゃるかもしれませんが、生活スタイルを夜型から朝型にシフトチェンジするだけでもストレスの解消に繋がるでしょう。

 

早起きして朝日が出ている時に活動を開始すれば、昼過ぎまで寝ている日よりも一日が長く感じ、充実した生活を送れるのです。

 

もしその日が休みであれば、「運動をして身体を動かそうか」「買い物にでも出掛けようか」「凝った朝食を作ろうか」というように、生活に様々な選択肢が生まれます。

 

きちんと睡眠をとって疲れを回復させ、ストレスを発散できるように心掛けていれば、便秘や耳鳴りといった不快な症状を予防できるはずなので、一度自分の生活を見直してみてください。

 

 


「耳鳴りのメカニズム」に関するページ