耳鳴りの薬を取り扱う小林製薬

 

 

小林製薬の薬で耳鳴りを改善しよう

医薬品や衛星雑貨を取り扱う会社の一つが小林製薬で、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

 

目薬や頭痛薬、サプリメントやスキンケア用品など取り扱う製品は多種多様で、お近くの薬局やドラッグストアでも購入できます。

 

この小林製薬からは耳鳴りの市販薬も製造されており、第2類医薬品のナリピタンが代表的です。

 

耳鳴りや肩こりといった症状を改善するために作られた錠剤で、「集中できない」「声が聞き取りづらい」という悩みを抱えている人から重宝されています。

 

以下では、小林製薬のナリピタンにどのような特徴があるのか詳しくまとめてみました。

 

・市販薬なので90錠で2,000円(税込 2,160円)とお手頃なコストパフォーマンス

・1回当たり2錠〜3錠を服用する形となり、15歳未満は服用してはいけない

・有効成分のニコチン酸アミドとパパベリン塩酸塩が血液の流れを良くする

・豊富なビタミンB群が神経の調子を整えて身体の内側から耳鳴りや肩こりを改善していく

 

ビタミンの一種で血行を促すニコチン酸アミドと、内耳の血流を良くするパパベリン塩酸塩が効果的に働きかけてくれます。

 

病院でも耳鳴りの治療でビタミン剤が処方されることは多く、小林製薬のナリピタンでも十分に代用可能です。

 

耳鳴りの原因は完全には解明されていないものの、血流が悪化して聴神経が正しく作用していないからではないかと考えられています。

 

つまり、血行不良を改善するのが耳鳴り解消の近道で、ナリピタンはそのメカニズムに焦点を当てた市販薬なのです。


小林製薬のナリピタンの口コミをチェック!

以下では、小林製薬のナリピタンを服用した方の口コミを集めてみました。

 

・2週間くらい経過してから耳鳴りの症状が落ち着いてきた

・医薬品でも飲み始めてから直ぐの効果は期待できないと思った方が良い

・3ヵ月間に渡って飲んでも全く効果がなかったからやめた

・他の市販薬よりも錠剤が大きめなので飲みにくいと感じました

・第2類医薬品なだけあって副作用はそこまで重くないと思う

・血流を良くする作用があるようだが耳鳴りにピンポイントで効くかは不明

・小林製薬はあったらいいなを形にする会社だからサプリの感覚で飲むのが良いね

 

口コミの内容は千差万別で、耳鳴りに確実に効くわけではなさそうです。

 

それに、ナリピタンに限った話ではありませんが、医薬品である以上は副作用のリスクがあります。

 

重篤な症状として再生不良貧血のリスクがあるので、副作用が怖い方は安全なサプリメントの美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら