耳鳴りに効く漢方薬

 

 

キーンという耳鳴りに効く漢方薬について

キーンという耳鳴りに効く漢方薬について

キーンと鳴り響くような耳鳴りに効き目のある薬の一つが漢方薬で、病院を受診した際に処方されることがあります。

 

漢方薬の服用により、自律神経の乱れ(気)や体内の水分バランス(水)、血液の流れ(血)の異常を食い止めてくれるので、キーンという耳鳴りを改善できるのです。

 

特に、内耳の血行の悪化により、耳鳴りが引き起こされているという方が多いので、そのような症状の改善には漢方薬の服用が適しております。

 

専門医の話によると、心身の緊張を和らげてくれる抑肝散(よくかんさん)や、消化力と吸収力を高める補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、心身を潤して耳鳴りや冷え性の改善に効果がある加味逍遥散(かみしょうようさん)が適しているようです。

 

しかし、患者さんの体質や生活ライフに合わせ、専門知識を持った人が漢方薬を処方しなければ、耳鳴りを根本的に改善することはできません。

 

自分勝手な判断で漢方薬を服用したとしても、耳鳴りを改善するどころか、逆に症状が悪化する可能性もあるので、専門医や薬剤師の指示を受けなければならないのです。

 

そのため、自分の力で何とかして耳鳴りを治していきたいのであれば、漢方薬を服用するのではなく、健康食品の美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

美聴泉(びちょうせん)はサプリメントなので、医師の指示に委ねる必要はありませんし、副作用なく安全に症状の緩和が期待できる素晴らしいグッズなので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 


耳鳴りに効く漢方薬を市販で

耳鳴りに効く漢方薬を市販で手に入れることは可能で、実際に試したことのある方はいらっしゃるでしょう。

 

しかし、上記でも説明したように、自分の体質に合った漢方薬を使わなければ意味がないので、ドラッグストアの店員さんに伺って市販で入手するのではなく、専門医や薬剤師に尋ねなければならないのです。

 

それは、耳鳴りの原因が多岐に渡っているというのが大きな要因で、「精神的なストレスによる耳鳴り」「体内の水分の代謝異常による耳鳴り」「腎臓の機能が低下したことによる耳鳴り」というように人によって異なります。

 

素人では何が原因で耳鳴りが酷くなっているのか特定するのは困難なので、専門医の指示に委ねなければならないということはお分かり頂けるはずです。

 

それでも、病院に行く時間がなくて漢方薬を市販で手に入れたいという方のために、このページでは症状の改善に適した薬をご紹介しているので、参考にしてみるのは良いかもしれません。

 

もし、強いストレスが引き金となっているのであれば、耳の周りに位置している肝の流れが悪い可能性が高いので、釣藤散(ちょうとうさん)という漢方薬が適しております。

 

そして、体内の水分の代謝異常が引き金であれば、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)、腎臓の機能低下が要因であれば、その機能を回復してくれる六味丸(ろくみがん)が最適です。

 

これらの漢方薬を服用していくとともに、脂っこいものや甘いものを控えるというように、食生活の乱れを見直せば耳鳴りが和らぐかもしれないので、是非実践してみてください。


漢方薬で耳鳴りを和らげている人の口コミ

以下では漢方薬を使って耳鳴りの症状を和らげている人の口コミを幾つか挙げてみました。

 

・耳鳴りに変化があるのか分からないものの、外出先のめまいで苦しむことがなくなりました

・穏やかな作用が期待できて副作用がないのが良いと思います

・周囲の声や音を聞き逃すことが少なくなったので安心です

 

医薬品なのでサプリメントとは異なり、医学的な効果を得られるのが大きなメリットですね。