耳鳴りは何科を受診するの?

 

 

耳鳴りを治すには何科を受診すれば良いの?

耳鳴りが酷いということで病院で診てもらおうと考えた時に、果たして何科を受診すれば良いのか分からないという方は多くいらっしゃいます。

 

これは個人の症状によって大きく異なるので、一概に説明することはできないのですが、耳周辺に何かしらの異常が引き起こされているかもしれないので、耳鼻科を受診するのが一般的です。

 

外耳や内耳、中耳といった部分の機能に異常が生じていると、正常な働きをしてくれないため、不快な耳鳴りが現れることがあります。

 

それに、高齢者の場合は耳鳴りと平行して難聴を患っているかもしれないので、早めに病状を特定させて治療を始めるためにも、お近くの耳鼻科を受診した方が良いでしょう。

 

めまいや視力障害といった症状を併発している場合も耳鼻科を受診するのが一般的となっており、中には吐き気や嘔吐を伴う患者さんがいらっしゃるので、比較的設備の整った耳鼻咽喉科がベストです。

 

仮に、耳の機能に異常がないとしても、個人の症状に合わせて適した診療科をおすすめしてくれるはずなので、何科を受診すれば良いのか分からないのであれば耳鼻科を訪れてみるのが良いかもしれません。

 

もちろん、生理的な現象の一つとして耳鳴りが引き起こされているのであれば、病院を受診する必要はなく、当サイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を使えば、だんだんと気にならなくなります。

 

公式サイトでは、耳鳴りで悩む高齢者夫婦の実体験の動画を閲覧できるので、少しでも症状を回復させたいという方は美聴泉(びちょうせん)を購入してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、耳鳴りだけではなく、手足の痺れや麻痺、意識障害といった症状を伴っているのであれば、脳梗塞や脳出血の可能性もあるため、脳神経外科で診察を受けるべきです。

 

最初に耳鼻科を受診しても構わないのですが、耳に特に異常が見当たらないのであれば、脳神経外科の受診を勧められるのではないでしょうか。

 

脳の病気は一歩でも治療が遅れると、後遺症が残るリスクが高まりますし、命の危険に関わることも十分にあり得るので、「次の休みの日に病院へ行こう」と安易に考えるのではなく、直ぐに診てもらうべきです。

 

また、何かしらの原因でうつ病といった精神的な病気を患い、耳鳴りが酷くなっているのであれば、精神科で処置を施してもらうのが一般的となっております。

 

逆に、耳鳴りによって心地良い眠りが阻害され、うつ病を発症したという方もいらっしゃるので、信頼できる精神科や心療内科で治療を受けてください。

 

 


「耳鳴りに関する疑問」のページ