耳鳴りに痛みはある?

 

 

耳鳴りに痛みはあるの?

耳鳴りだけではなく、痛みが生じるという方は、病気の可能性があるので注意しなければなりません。

 

生理的な耳鳴りであれば、耳の痛みが引き起こされるということはありませんし、ただ不快な音がするだけなので、耳痛が生じる場合は病気を疑った方が良いというわけです。

 

その病気の代表的な例が逆流性食道炎で、胃液や十二指腸液が食道まで逆流し、吐き気やげっぷといった症状を伴うという特徴があります。

 

正常な場合、食道下部括約部は閉じているのですが、加齢や食生活の乱れが原因で締まりが悪くなると、逆流してきた胃酸や食べ物を胃へ押し戻そうとする働きが弱まり、逆流性食道炎を引き起こすという仕組みです。

 

身体は全て繋がっているので、逆流性食道炎を引き起こすことによって胸の痛みや背中の痛みだけではなく、耳の痛みが引き起こされるというケースもあり、耳鳴りが止まないという症状に悩まされる方もいらっしゃいます。

 

自然に治るような病気ではないので、医師の指示に従って医薬品を服用すていくとともに、食生活の乱れに注意したりストレスを発散させたりと、日常生活を変えていかなければならないと説明できるでしょう。

 

もし、この病気を患っていないのであれば、耳鳴りや耳痛といった症状は、美聴泉(びちょうせん)を摂取することによって少しずつおさまっていきます。

 

しかし、根本的な病気が引き起こされているのであれば、その病気を治す努力をしなければならないので、美聴泉(びちょうせん)を摂取するとともに、早めに病院を受診してください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記でご紹介した逆流性食道炎以外にも、耳鳴りとともに耳の痛みが生じるという方は、耳の病気を患っている可能性が高いと考えられます。

 

外気との気圧を調整する耳管が閉じたままになる耳管狭窄症、細菌やウイルスによって中耳が炎症を引き起こす中耳炎、喉の粘膜が炎症する咽頭炎、聴神経や顔面神経がウイルスに感染するラムゼイ・ハント症候群など、様々な病気が考えられるのです。

 

耳の痛みがいつまでも続いているような状態を放置するのは危険ですし、何かしらの病気を患っていることが多いので、早めに医師に相談しなければなりません。

 

また、耳鳴りとともに頭に強烈な痛みを感じるという方は、脳梗塞や脳出血といった脳の病気を患っている可能性があり、命の危険に関わることもあります。

 

治療が遅れれば外科的な手術を施さなければならなくなるので、少しでも自分の身体がおかしいと思ったら、病院で対策を練ってください。

 

 


「耳鳴りに関する疑問」のページ