耳鳴りは遺伝するの?

 

 

耳鳴りは遺伝するの?

「耳鳴りは遺伝するの?」という不安を抱えている親御さんは、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

両親ともに耳鳴り持ちだった場合、子供が同じ苦しみを味わうのではないかと、不安になる気持ちは分かります。

 

しかし、耳鳴りは基本的に生理現象の一つとして現れるものですし、遺伝することはないはずです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんが耳鳴りに悩まされることはないので、両親ともに耳鳴り持ちだったとしても、特に不安になる必要はないと説明できます。

 

しかし、遺伝子が原因で幾つもの難聴を引き起こす遺伝性難聴の可能性はあり、親から子へと受け継がれることはあるので、十分に注意しなければなりません。

 

「音が聞き取りにくくなる」「耳鳴りが酷くなる」といった遺伝性難聴は、約2,000人に1人の割合で引き起こされると考えられており、生まれた時から難聴の症状を患っている赤ちゃんや、ある一定の年齢を過ぎた時に発症する方など、個人によって大きな差が生じております。

 

加齢によって発症するというケースもあり、頻度の高い先天性疾患だと言われているものの、未だに研究段階なので詳しいことは分かっていないのです。

 

仮に、この病気を患っていたとしても、全ての方が耳鳴りに悩まされるというわけではありませんが、難聴と耳鳴りは同時に引き起こされやすい症状なので、両親ともに遺伝性難聴だった場合は、子供に遺伝する確率が高いと考えていた方が良いと言えます。

 

もし、遺伝性難聴を持った子供が生まれた場合、風邪や急性中耳炎を患った際に、二次的な病気に掛かりやすいという特徴があるので、子供の状態を常に確認しておいた方が良いでしょう。

 

例えば、赤ちゃんの段階で話しかけても反応が薄いという場合、お母さんの声が赤ちゃんに届いていない可能性があるので、病院で検査をしてもらった方が良いのです。

 

遺伝子を原因とした難聴の検査や治療が行われている病院は少ないのですが、信州大学にはその医療設備が整っているため、不安な方は一度専門医に診てもらうのが最適だと言えます。

 

遺伝性難聴だとしても、絶対に治らないということではありませんし、対処療法によって症状を和らげることは可能です。

 

それに、このサイトでは耳鳴りに効き目のある美聴泉(びちょうせん)をご紹介しており、耳鳴りの症状であればゆっくりと緩和させることができます。

 

健康食品の中でも人気を得ている製品なので、聞こえのトラブルを抱えている方は、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 


「耳鳴りに関する疑問」のページ