うつが原因の耳鳴り

 

 

うつが原因の耳鳴りについて

精神的な病気の一つとしてうつ病が挙げられ、憂鬱な気分になったり睡眠欲の低下や食欲の低下など、個人によって異なる症状が引き起こされます。

 

実は、このうつ病が原因で耳鳴りが生じる可能性もあり、苦しんでいるという方は非常に多くいらっしゃるのです。

 

うつ病のように心の不安やストレスが積み重なると、聴覚といった感覚の感度が高まると考えられているため、耳鳴りの原因になり得ると説明できます。

 

今までは特に気にならなかった音でも、うつ病を発症したことが原因で過敏に感じ取ってしまい、耳鳴りが酷くなるという仕組みです。

 

実際に、うつ病を発症している患者さんの約30%〜40%の方は、同時に耳鳴りを訴えているというデータがあり、首筋の両側部分が硬直し、「キーン」という高音を伴う耳鳴りの症状が多いかもしれません。

 

どのような耳鳴りの症状だとしても、うつ病が原因で発症しているのであれば、その病気を根本的に治さなければ意味がないので、病院で正しい処置を受ける必要性があります。

 

症状が軽度ならば早期治療で改善するものの、中には2年間以上に渡って苦しんでいる方もおり、完治に至るには長い年月が掛かるとともに、再発しやすい病気の一つなのです。

 

特に身体的な病気に掛かっているわけではなく、気分が落ち込んだり体調の変化が続くようであれば、うつ病を発症している可能性が高いので、心療内科や精神科で診てもらった方が良いでしょう。

 

このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)であれば、耳鳴りやめまいといった症状に効き目があるので、うつ病が原因の耳鳴りでも改善できます。

 

しかし、うつ病を治さなければ再発するかもしれないので、美聴泉(びちょうせん)を摂取するとともに、専門医の指示を受けるようにしてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、自分自身を抑鬱状態に追い込むのは、固定概念なのではないかという考えがあり、神経質な人や完璧主義の人は、うつ病を患いやすいという特徴があります。

 

「自分は○○でなければならない」「今の自分は間違っている」と強く思うことで、知らず知らずのうちにうつ病を発症するケースが多いのです。

 

軽度の耳鳴りであれば健康な方でも生理現象の一つとして生じるので、自然に治ることはありますが、もしうつ病が原因で引き起こされているのであれば、そう簡単には改善しないかもしれません。

 

とは言え、うつ病の治療として薬物投与が行われることが多いものの、「不安があれば不安を解消する薬を」「イライラする状態であればそれを抑える薬を」というように、医薬品に頼れば治るという単純なものではないのです。

 

何か身体的な病気に掛かっているというわけではないので、日頃からストレスを取り除いて心身ともにケアを行っていく必要があります。

 

心療内科や精神科に在籍している専門医であれば、普段の生活のアドバイスもしてくれるはずなので、時間を掛けてゆっくりと治療を行っていきましょう。

 

 


「耳鳴りの原因」に関するページ