タバコが原因の耳鳴り

 

 

タバコが原因の耳鳴りについて

特に身体が病気に掛かっているわけではないのに、耳鳴りが止まないというのであれば、タバコが原因になっている可能性があります。

 

タバコを吸うことで脳の血流が悪化し、感覚細胞に異常刺激が加わることが分かっているので、血行不良が原因で耳鳴りが引き起こされるという仕組みです。

 

その引き金となっているのが、タバコの中に含まれている有害物質のニコチンで、カテコールアミンと呼ばれる成分が交換神経末端から遊離し、血管を収縮させてしまいます。

 

血液の流れが悪ければ耳鳴りが引き起こされる確率は上昇しますし、同時に一酸化炭素も血液の中に取り込める酸素量を減少させるため、喫煙が原因で耳鳴りの症状が悪化しやすいということがお分かり頂けるでしょう。

 

それに、タバコを吸うことでストレスが溜まるというのも、耳鳴りを引き起こす原因の一つです。

 

喫煙者の中には、「ストレスを解消したくてタバコを吸っている」と考えている方がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、タバコでストレスを解消できているのは気のせいで、喫煙が終わって体内の血液中のニコチン濃度が下がり続けると、だんだんと禁断症状を感じるようになります。

 

タバコを吸うまでの感覚が長ければ長いほど、禁断症状の度合いも高くなりますし、精神的なストレスが原因で耳鳴りが悪化しやすいので、できる限り禁煙にチャレンジした方が良いのです。

 

このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)は、どんな原因で引き起こされた耳鳴りにも何かしらの効き目があります。

 

それでも、タバコが根本的な原因になっているのであれば、毎日の生活の中に健康食品の美聴泉(びちょうせん)を取り入れるとともに、タバコを止められるように努力してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、タバコと同じ嗜好品であるアルコールは、飲み過ぎによって身体の健康が阻害されるものの、適度な量を守っていればストレスの発散に繋がります。

 

それに、コミュニケーションを取る場では欠かせない飲み物ですし、耳鳴りの原因になったとしても、そこまで悪いものではないのです。

 

一方、タバコを吸うことで私たちが得られるものは何もありませんし、「百害あって一利なし」というのは間違いないでしょう。

 

ニコチン以外にも、タールを中心とした化学物質が何百種類も含まれているため、それを毎日のように体内に取り入れていると考えると、止めた方が良いというのはお分かり頂けるはずです。

 

禁煙は決して簡単なものではありませんし、場合によっては何回も挫折を繰り返してしまうかもしれませんが、将来的な影響を考えれば早めに取り組むのが大事だと説明できます。

 

病院やクリニックでは、禁煙への治療を行える禁煙外来という科を設けているところがあるので、専門医のアドバイスを受けてみるのは選択肢の一つかもしれません。

 

 


「耳鳴りの原因」に関するページ