騒音が原因の耳鳴り

 

 

騒音が原因の耳鳴りについて

「サー」や「ザー」といった耳鳴りに悩まされているという方は、周りの騒音が原因の可能性が非常に高くなっております。

 

大きな音が常に響いている工事現場で仕事をしていたり、大音量の室内で生活していたりすると、4khz周辺が障害され、低音の耳鳴りが発生する原因となるのです。

 

個人によって症状は異なるので一概に説明することはできないものの、大音量を長時間に渡って聞いていると、聴力の機能がだんだんと萎縮し、ストレス状態に陥ることが原因で耳鳴りを引き起こしやすくなります。

 

職業柄、騒音を避けられないという方はたくさんいらっしゃいますが、大音量が響く場所にいるのを避けられるのであれば、なるべく足を運ばないようにした方が良いでしょう。

 

騒音が原因の耳鳴りは、医学用語で音響外傷性難聴や騒音性難聴と呼ばれており、蝸牛や耳石器といった聴覚気管の損傷によって生じることが多くなっております。

 

そのため、耳が騒音による刺激を直接的に受けないために、ライブハウスやパチンコ屋など、大音量が響く場所に足を運ぶのであれば、なるべく耳栓などの対策をした方が良いのです。

 

「ライブやコンサートで耳栓をしたのでは意味がない」と考える方が多いかもしれませんが、何よりもまず自分の身体の健康を心配しなければなりません。

 

このような騒音が原因の耳鳴りも、言わば生理現象の一つだと考えられるので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を摂取していれば、だんだんと症状が回復していきます。

 

耳鳴りだけではなく、高齢者に多いふら付きの症状も抑えるという効果がある素晴らしいサプリメントなので、是非美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、現代の若者は、ヘッドホンやイヤホンをして、音楽やラジオを聞くことが多いのではないでしょうか。

 

音の刺激によって耳鳴りの原因となるだけではなく、若者でも難聴を患うケースは十分にあり得るので、ヘッドホンやイヤホンで音楽を聞くという場合は音量に注意しなければならないのです。

 

騒音が原因で耳鳴りがしているのであればまだしも、聴力低下を招けばコミュニケーション力の低下に繋がります。

 

放置したところで自然に聴力が回復するとは限らないので、耳に異常があることが分かったのであれば、早めに耳鼻科といった専門機関に足を運ぶべきです。

 

発症してから日が浅い場合は、ステロイド剤の服用によって症状が和らいだという事例がありますし、日常生活を送る上でのアドバイスも同時にしてくれます。

 

医療機関を受診すれば絶対に治るとは言い切れないものの、症状が和らいで快適な生活を送れるようになったという方は多いので、早めに訪れてみてください。

 

 


「耳鳴りの原因」に関するページ