ソラナックスの副作用が原因の耳鳴り

 

 

ソラナックスとはどのような医薬品?

ソラナックスとはどのような医薬品?

ソラナックスは1984年に発売された抗不安薬で、安定剤や精神安定剤とも呼ばれています。

 

主にうつ病で悩む患者さんへと処方されるケースが多く、ベンゾジアゼピン系の短期間作用型抗不安薬のアルプラゾラムが有効成分です。

 

他の抗不安薬とは異なり、ソラナックスにどのような特徴があるのか幾つか見ていきましょう。

 

・神経症における不安やうつ症状に効果を発揮する

・寝付きの悪さや睡眠障害の症状を改善する

・筋肉の緊張を解す筋弛緩作用を持つ

・数多くの抗不安薬の中でもバランスのとれた内服薬という位置付け

・筋弛緩作用は比較的軽いのでふらつきや転倒のリスクは少ない

・依存性はそこまでなく、正しい用法と用量を守って服用していればOK

 

そこまで大きなデメリットはありませんし、バランス型の抗不安薬だからこそソラナックスを常用している患者さんが多いのです。

 

もちろん、ソラナックスよりも弱いお薬の方が今の自分の症状に合っていることもあるため、まずはかかりつけの医師へと相談しなければなりません。


ソラナックスの副作用が原因で耳鳴りは起こるの?

「キーン」や「ピー」、「ジー」や「シャンシャン」といった耳鳴りは生理現象ではなく、医薬品の副作用による影響も考えられます。

 

ソラナックスはバランスのとれた抗不安薬でも医薬品に分類される点では変わりありませんし、耳鳴りを中心とする副作用のリスクは少なからずあるのです。

 

実際にソラナックスを服用してから、「耳鳴りで悩まされるようになった」と回答している患者さんはいます。

 

耳鳴り以外にも、下記の副作用のリスクがあるので服用する前に医師からきちんと説明を受けておかなければなりません。

 

・大量の服薬を続けたことによる耐性形成と依存形成

・眠気や全身の倦怠感、身体のだるさなど

・ふらつきやめまい(引き起こされる確率は低い)

・物忘れ(心身をリラックスさせる作用を持つのが原因)

・吐き気や嘔吐など胃腸に関する症状

 

ソラナックスを服用してからこれらの症状が出たら、副作用が出たと考えた方が良いでしょう。

 

しかし、全ての方が引き起こすわけではありませんし、副作用を怖がって根本的な病気を治せなければ意味がないと心得ておくべきです。


ソラナックスは耳鳴りが出た時の頓服薬としても使用可能

ソラナックスやコンスタンなどの抗不安薬に副作用があるのは紛れもない事実です。

 

しかし、耳鳴りが出た時に飲む頓服薬としても使われており、正しい服用方法を続けていれば日常生活で引き起こされる耳鳴りの症状を緩和できます。

 

うつ病や自律神経失調症などの精神的な病気の多くは、耳鳴りやめまいといった症状が出やすいのが特徴です。

 

逆に耳鳴りが不快に感じ、うつ病の症状が悪化するケースも少なくありません。

 

そんな時にソラナックスやコンスタンなどの抗不安薬を服用して心を落ち着けることにより、平常心を取り戻して身体に生じている不快な症状が緩和されていきます。

 

とは言え、自己判断で医薬品を服用しても症状の改善に繋がるとは言い切れないので、まずはサプリメントを摂取して身体の内側から耳鳴りを和らげる努力をしてみてはいかがでしょうか。

 

当サイトでは聞こえのトラブルを和らげ、快適な生活へと導くサポートをしてくれる美聴泉(びちょうせん)をご紹介しているので、耳鳴りや難聴の悩みを抱えている高齢者は一度飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの原因」に関するページ