耳垢が原因の耳鳴り

 

 

耳垢が原因の耳鳴りについて

正体不明の耳鳴りに悩まされているという方は、もしかしたら耳の中に耳垢が詰まっていることが原因かもしれません。

 

耳垢が大量に発生して詰まる病気のことを耳垢栓塞(じこうせんそく)と呼んでおり、耳の奥に詰まって鼓膜にピッタリとくっ付くことが原因で耳鳴りが生じます。

 

鼓膜に異物が当たっていると、常に鼓膜が刺激を受けている状態となるので、耳鳴りが引き起こされたとしても不思議ではないのです。

 

耳垢栓塞が原因で耳鳴りが生じていると、頭を傾ける度にガサガサやコトコトといった音が発生し、難聴や耳痛に発展する場合があります。

 

猛烈な耳鳴りが生じるだけではなく、相手の声が全く聞こえなくなったり、何事にも集中できないような状態に陥るかもしれないので、早めに対策を練らなければなりません。

 

耳垢だけではなく、蚊やガといった虫が耳の中に入り込むことが原因で、耳鳴りが酷くなっているという方もいらっしゃるので、自分で無理に取り除こうと試みるのではなく、直ぐに耳鼻科を受診するべきです。

 

病院では特殊なピンセットである耳垢鉗子を使ったり、吸引菅といった器具を使って異物を取り除いてくれるので、だんだんと耳鳴りは解消されていきます。

 

もし、耳の内部で炎症を起こしていたという場合、抗生物質が処方されるはずなので、医師の指示に従って服用していれば短期間で治療できますし、耳鳴りで悩む心配はなくなるはずです。

 

耳垢栓塞が原因の耳鳴りを回避したいのであれば、定期的に耳の中を綺麗に掃除することが大事で、一般的な耳かき棒を使って清潔さを保っていきましょう。

 

しかし、あまりにも頻繁に耳の中をいじくりまわしていると、耳の奥が傷付いて外耳炎といった病気を引き起こす原因となるので、1ヶ月に一度くらいがベストだと言えます。

 

耳垢は身体にとって不必要というわけではなく、抗菌作用を持ち合わせているので、耳の中の皮膚を保護するという役割も同時に担っているのです。

 

そのため、耳垢が原因の耳鳴りを防ぎたいからといって、毎日耳かき棒を使って掃除をするのは逆効果なので、どんなに多くても数週間に一度くらいの頻度を心掛ける必要があります。

 

正常な人であれば、耳掃除をしないことで自然に耳垢が溜まっていき、外耳道が塞がれたり鼓膜を圧迫したりして、耳鳴りが酷くなるということはありません。

 

それでも、「遺伝的に湿った耳垢を持っている」「外耳道が炎症を引き起こしている」「何かしらの原因で新陳代謝のサイクルが乱れている」という方は、耳垢栓塞になりやすいので、定期的に耳鼻科を受診するべきです。

 

以上のように、耳垢が原因で耳鳴りが引き起こされているのであれば、綺麗に掃除する習慣を身に付けることでだんだんと症状が回復していきます。

 

ただし、中には原因不明の耳鳴りに悩まされているという方がいらっしゃるので、そのような方にはこのサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)がおすすめです。

 

市販薬ではないので、美聴泉(びちょうせん)を使って絶対に治るというわけではありませんが、耳鳴りやめまいに効き目がある植物成分がたっぷりと含まれているので、是非試してみてください。

 

 


「耳鳴りの原因」に関するページ