口笛のような耳鳴りの原因

 

 

口笛のような耳鳴りが引き起こされる原因は?

耳鳴りを感じている人の中で、「口笛のような音が出る」と悩んでいるケースは少なくありません。

 

・ひゅーひゅーと口笛を吹いている音が耳の中を通る

・笛のような高音がピューっと吹いている

・口笛をしていないのにシューっと音が出る

 

このような症状の原因は内耳の中にあり、感音性の障害の代表格と言えます。

 

高音が出やすいのが感音性の障害、低音で鈍い耳鳴りが出やすいのが伝音性の障害の特徴です。

 

内耳のトラブルに関しては年齢を重ねた高齢者に多く、どんなメカニズムで口笛のような耳鳴りが出るのか見ていきましょう。

 

@私たちの耳は「外耳」「中耳」「内耳」の3つで構成されている

A外部からの音は外耳から鼓膜に伝わって振動を大きくしてから内耳に送られる

Bその後に聴神経を通って脳へと伝わる

C加齢によって内耳にある音に反応する細胞が故障する

D口笛のような高音の耳鳴りが頻繁に引き起こされる

 

加齢による影響で体力が低下するだけではなく、耳の機能にも異変が起こるのは仕方がありません。

 

しかし、音の種類に関わらずあまりにも耳鳴りの症状が酷いと日常生活に支障が出やすく、「ストレスが溜まる」⇒「精神的に疲れが溜まる」⇒「余計に耳鳴りの症状が悪化する」と酷くなっていきます。

 

この負のスパイラルを食い止めるためにも何かしらの対策を行わなければならず、病院に行くほど症状が悪化していないのであればサプリメントの美聴泉(びちょうせん)がおすすめです。

 

耳のトラブルで悩む高齢者が愛用していて、以下では口コミの評判を幾つか挙げてみました。

 

・メニエール病と耳鳴りの対策で飲み始めることにしました

・1年以上に渡って飲み続けて大分聞こえが良くなっています

・物忘れが減って芸能人の名前を思い出せるようになりました

・毎回の立ちくらみが減ったのでグッスリと眠れています

 

医薬品ではないので確実な効果は期待できないものの、身体の内側から口笛のような耳鳴りを対策してくれますので、一度美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 


感音性難聴の原因となりやすい病気は?

口笛のような耳鳴りが多発する場合、感音性の障害の可能性が高いと上記では説明しました。

 

ただの加齢による症状の可能性もありますが、病気が原因の感音性難聴を発症しているケースも考えられます。

 

以下では、感音性難聴の原因となりやすい病気を幾つか挙げてみました。

 

老人性難聴:年齢を重ねることで空気の振動を電気信号に変換する細胞の数が減少し、聴力が低下して耳鳴りを実感しやすい

突発性難聴:過労やストレスによる影響で、急に片方の耳が聞こえなくなったりめまいがしたりする

メニエール病:突然原因不明の激しいめまいの発作が引き起こされ、内耳が腫れて水膨れになることもある

 

 

 


「耳鳴りの原因」に関するページ