加齢が原因の耳鳴り

 

 

加齢が原因の耳鳴りについて

耳鳴りが引き起こされる原因として、最も多いと考えられているのが加齢で、年齢を重ねれば重ねるほど、耳鳴りに悩まされる確率は上昇します。

 

それは、加齢によって音の受容器官として大切な役割を果たしている蝸牛が老化し、ラセン神経節が縮んだり、有毛細胞の毛が減少したりするのです。

 

それが原因で外部からの音の情報を脳に伝える能力が衰え、聴力が低下するとともに、耳鳴りも引き起こされやすくなります。

 

実際に、耳鳴りが酷いということで病院を受診する方の多くは50代から60代の高齢者となっており、高齢者の約3割の方は日常的に耳鳴りを感じているというデータがあるのです。

 

難聴が原因で発症したり、脳の病気が引き金となって耳鳴りが酷くなるケースもあるものの、加齢による耳鳴りは致し方ない現象だと言えるでしょう。

 

加齢を防ぐことは100%不可能ですし、耳の機能の衰えが原因で耳鳴りが生じるのは自然現象の一つなので、耳鳴りと上手く付き合っていかなければならないのです。

 

とは言え、聴力が時間を掛けて長期的に衰えていくのに対し、耳鳴りはある時期を境にして一気に症状が進むことが多いですし、日常生活に支障を来たすようであれば、脳腫瘍といった病気の可能性も考えて病院に行った方が良いかもしれません。

 

もし、病院で検査を受けて身体に異常がないのであれば、無理に薬を飲んで耳鳴りを治していくのは良くないので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

健康食品なので、病気を治すという力は弱いのですが、身体に引き起こされる不快な症状が改善されたという高齢者は多いので、加齢が原因の耳鳴りやめまいに悩んでいる方は、是非美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、加齢が原因で耳の機能が低下し、耳鳴りが引き起こされているのではなく、老化による血管障害の可能性も十分にあります。

 

しなやかな血管を保ち、健康的な身体を保つためにはケイ素と呼ばれる栄養素が必要不可欠で、血管を丈夫にしたり骨を強くしたりといった効能を持ち合わせているのです。

 

小麦やトウモロコシ、じゃがいもやひじきなど、普段から取り入れる食事にもたくさん含まれているのですが、身体に吸収されにくいという特徴があり、加齢によって更に摂取力は衰えていきます。

 

そして、ケイ素不足によって脂肪が溜まって血液の流れが悪くなり、耳鳴りや意識障害といった症状が頻繁に生じる脳梗塞を発症するのです。

 

稀なケースだと言えるものの、加齢が原因で脳梗塞を発症する確率は高まるので、耳鳴りがいつまでも止まないというのであれば、一度大きな病院へと足を運んで検査してもらってください。

 

 


「耳鳴りの原因」に関するページ