花粉症の症状が原因で引き起こされる耳鳴り

 

 

花粉症が引き起こされるメカニズムとは?

花粉症が引き起こされるメカニズムとは?

冬場から春にかけては花粉症が辛い季節で、「鼻水が垂れる」「鼻が詰まる」「目がかゆくなる」と様々な症状が引き起こされます。

 

仕事や勉強に悪影響が起こりやすく、日常生活に支障が出るケースは少なくありません。

 

そこで、以下では花粉症の症状が出るメカニズムをまとめてみました。

 

@スギやヒノキの花粉が鼻や目から入ってくる

Aリンパ球が花粉を侵入者やウイルスと判断する

Bリンパ球がIgE抗体が作った後に肥満細胞に付着する

C再び花粉が体内へと入り込むとヒスタミンが分泌される

D体外へと追い出す働きとしてくしゃみや鼻水が出る

 

体内に花粉が入り込まないようにするために、「くしゃみで飛ばす」「鼻を詰まらせる」「涙で洗い流す」といった症状が出やすくなるのです。


花粉症の症状が原因で耳鳴りは引き起こされるの?

耳鳴りは耳に引き起こされる症状で、花粉症は鼻や目が中心となります。

 

一見関係性がなさそうに見えますが、実は花粉症の症状が原因で耳鳴りが引き起こされることがあるのです。

 

実際に花粉症を患い、以下の症状で悩まされている方は少なくありません。

 

・低音や高温のキーンとした耳鳴りが起こる

・耳の辺りが痒くなる

・耳が詰まったり痛くなったりする

 

花粉が飛散する時期にこれらの症状が出たら、血行不良や栄養不足ではなく花粉症が原因の耳鳴りだと考えて良いでしょう。

 

以下では、2つの症状にどんな因果関係があるのかまとめてみました。

 

@花粉症を発症して鼻づまりを引き起こす

A耳の鼓膜が圧力を調整できなくなる

B調整のバランスが崩れて耳鳴りが起こる

 

このようなメカニズムとなっていて、本来は正常であるはずの鼓膜が鼻づまりによって内耳内と鼓膜の外側の圧力を保てなくなり、バランスを崩してキーンやピーといった耳鳴りが聴こえるようになります。

 

鼻と耳は耳管で繋がっていますし、鼻のトラブルで耳に異変が起きても決して不思議ではありません。

 

飛行機に乗って中耳内の圧力と外の圧力に変化が起こった時は唾を飲むことで治りますが、花粉症が原因の耳鳴りは鼻づまりが改善されない限りはずっと続きます。


花粉症が原因でめまいが引き起こされることもある

花粉症が原因のトラブルは耳鳴りだけではなく、めまいも数多くの症状の一つです。

 

冬から春にかけての季節に「フラフラする」「立ちくらみがする」と悩む方は多く、花粉症がどのように関わっているのか詳しく見ていきましょう。

 

@花粉症の症状が悪化すると慢性副鼻腔炎を併発しやすい

A粘膜が炎症を起こして鼻腔が通じている部分が狭くなる

Bだんだんと頭が重くなったりいたくなったりする

Cこれらの自覚症状が更に進行してめまいが引き起こされる

 

めまいはストレスやうつと深く関わっているとイメージしている方は多いものの、花粉症も原因の一つなのです。


花粉症による耳鳴りを対策する方法は?

花粉症は基本的に完治することはなく、毎年のように不快な症状で悩まされたとしても決して不思議ではありません。

 

そこで、以下では花粉症による耳鳴りをどのように対策すれば幾つか挙げてみました。

 

・鼓膜内に水が溜まっている状態では注射器を使って水を吸い出す

・鼻の粘膜に付着している花粉を洗い流して鼻づまりを解消するために、生理食塩水を使った鼻うがいを行う

・低音でも高音でも耳鳴りの症状が悪化する前に耳鼻科へと受診して適切な治療を受ける

・聞こえのトラブルを身体の内側から和らげるためにサプリメントを摂取する

 

花粉症と同じように耳鳴りの特効薬はないものの、基本的に鼻づまりを解消すれば耳のトラブルは自然と和らいでいきます。

 

どうしても自力での改善は難しく、第1世代抗ヒスタミン剤のポララミンや鼻症状や皮膚症状を改善するアレロック、アレルギー症状全般に効き目があるジルテック・ザイザルなどの医薬品を服用するのも選択肢の一つです。

 

聞こえのトラブルに焦点を当てて解消したいのであれば、耳鳴り対策のサプリとしてランキングで1位を獲得している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

製薬メーカーのサンクラルテ製薬が製造している安心感があり、音の対策に効果的な植物由来の4大天然成分が含まれていますので、毎日の生活に美聴泉(びちょうせん)を取り入れてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの原因」に関するページ