飛行機が原因の耳鳴り

 

 

飛行機が原因の耳鳴りについて

飛行機に乗ったことが原因で引き起こされる耳鳴りは、基本的に一時的な症状なので、5分間程度すれば自然と治ります。

 

飛行機に乗って離着陸をする際、気圧の変化によって耳の中の気圧調整の働きが急激な変化に付いていけず、耳鳴りがしているだけなので、病気というわけではありませんし、特に心配する必要はないのです。

 

しかし、症状の酷い人は飛行機が原因で耳鳴りが酷くなるだけではなく、頭痛に悩まされたり数時間に渡って耳に不快な症状が引き起こされるかもしれません。

 

それに、鼻炎などで鼻づまりを引き起こしているという方は、その症状が悪化しやすいので、事前に薬などを服用して症状を抑えておいた方が良いと言えます。

 

一時的に耳が不快な状態に陥っているとしても、飛行機に乗っている間ずっと耳鳴りに悩まされるのは辛いはずなので、鼻を押さえて耳から空気を出す耳抜きを行いましょう。

 

鼻を押さえて唾を飲み込む動作を行うだけで耳抜きはできますし、これだけで飛行機が原因の耳鳴りを防ぐことができるのです。

 

他にも、登山やダイビングで気圧の変化が激しい場所に行くという場合は、この耳抜きの動作を行うだけで症状が軽くなるので、試す価値は十分にあります。

 

もし、普通に生活している時も耳鳴りの症状を訴えるのであれば、耳抜きを行ったとしてもあまり意味がないので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の使用がおすすめです。

 

医薬品とは大きく異なり、身体に不快な副作用が引き起こされることなく、耳鳴りの症状を和らげられる健康グッズなので、是非一度美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、飛行機が原因の耳鳴りを防ぎたいのであれば、上記でご紹介した耳抜きとともに、飛行機の上昇時に耳周辺を温め、下降時に耳周辺を冷やすというケアが適しております。

 

温める際にはカイロといったグッズを使うのが良いですし、機内ではオシボリが配布されているはずなので、それを耳に当てて冷やせば耳鳴りが引き起こされずに済むのです。

 

他にも、中耳内の気圧をコントロールする働きを高めるためにも、耳栓をするのが実に効果的で、空港内でのショップで販売されております。

 

飛行機に乗る前から耳栓をして対策をしておけば、気圧の変化が原因で引き起こされる耳鳴りを予防できるので、辛い症状に悩まされずに済むことは間違いありません。

 

以上のように、健康体の方でも引き起こされる生理的な耳鳴りでも、事前に処置を施すことによって和らげることは十分にできるので、是非積極的に試してみてください。

 

 


「耳鳴りの原因」に関するページ