イヤホンが原因の耳鳴り

 

 

イヤホンが原因の耳鳴りについて

寝る時にFMラジオの放送をイヤホンで聴いていたり、電車の中でヘッドフォンをして音楽を聞いていたりと、これらのグッズは私たちの生活と馴染みが深いものだと説明できます。

 

実は、このイヤホンが原因で耳鳴りの症状が酷くなる場合があるため、十分に注意しなければならないのです。

 

通常の音量で音楽やラジオ放送を聴いていれば特に問題はないものの、イヤホンを使ってあり得ないような音量で音楽を聞いていると、音響障害が引き起こされ、耳鳴りや耳の閉塞感に悩まされるようになります。

 

特に、若者の間でイヤホンやヘッドフォンが原因の耳鳴りが流行っており、周囲にまで音が漏れるような音量で音楽を聞いている方は、耳に負担を加えないためにも改めた方が良いかもしれません。

 

以前は耳鳴りを訴える患者さんは高齢者が多くを占めており、加齢によって耳の機能がだんだんと衰え、耳鳴りが生じるのは自然な現象の一つだと説明できます。

 

しかし、ミュージックプレーヤーの小型化によって、いつでもどこでもイヤホンを使って音楽を聞けるようになり、長時間に渡って使用していたり音量があまりにも大きいと、強い音圧と振動が原因で耳鳴りが生じるのです。

 

耳鳴りに悩まされている若者の中で、イヤホンの多用が原因という方は少なくないので、たまには耳を休めてあげた方が良いでしょう。

 

このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を使えば、耳鳴りを安全に治すことができるものの、イヤホンを使って大音量で音楽を聞いていては意味がないのです。

 

そのため、普段の生活を改めるとともに、聞こえのトラブルの改善に適した美聴泉(びちょうせん)を使えば、耳鳴りから解放されることは間違いないので、是非購入してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、イヤホンが原因で耳鳴りが生じているのであれば、改善方法は実に簡単で、イヤホンの使用を止めて耳に刺激を与えないようにすれば良いのです。

 

仮に、音量を下げていたとしても、長時間に渡ってウォークマンなどを使用していれば、個人の体質によっては耳鳴りが酷くなる原因となるので、使いすぎには気を付ける必要があります。

 

また、現代ではスマートフォンといった携帯電話が普及しており、長電話をしていたら耳鳴りが酷くなったという報告がなされているのです。

 

長電話をしていると、振動や音量によって耳に何かしらの刺激が加わることは間違いないので、耳鳴りの原因になるというのは決して不思議なことではありません。

 

私たちが思っている以上に耳はデリケートな部位なので、あまり刺激しないように休めてあげるというケアを行ってください。

 

 


「耳鳴りの原因」に関するページ