耳鳴りの原因

 

 

耳鳴りの原因について

ボーという低音の耳鳴りや、キーンという高音の耳鳴りなど、引き起こされる症状に違いが生じているように、原因にも大きな違いがあるのです。

 

耳鳴りやめまいに関しては、未だに完全には解明されていない部分があるので、「原因は○○○だ」と答えることはできません。

 

しかし、耳鳴りを引き起こす要素や原因について、少しずつ分かってきており、日本人の10人に1人は悩まされているというのは紛れもない事実なので、このページで事前に確認してみてください。


病気が原因の耳鳴り

病理の影響を受けて耳鳴りが酷くなるというケースは多く、基本的にこのケースに該当するという方が多いかもしれません。

 

中耳炎や外耳炎といった耳と直接関わりのある病気だけではなく、脳や神経に関わる病気や、内科的な病気が原因で耳鳴りが酷くなっているのです。

 

また、原因不明の突発性難聴やメニエール病も耳鳴りを引き起こす要因の一つとなっており、耳鳴り自体が実体不明なので、医師にかかってもこれらの病気に押し込められる傾向があります。

 

とは言え、中耳炎や外耳炎のように、耳の病気だとはっきりと分かっているのであれば、この病状が治癒に向かっていくとともに、耳鳴りの症状も少しずつ和らいでいくはずです。

 

何かしらの病気によって、耳鳴りが一時的に発生していることが多いので、まずは耳鼻科を受診して自分の症状を専門医に診てもらった方が良いでしょう。


加齢が原因の耳鳴り

耳鳴りは10代や20代の若者よりも、高齢者の方が引き起こされやすいという特徴があり、加齢は耳鳴りを引き起こす原因の一つとなっております。

 

実際に、65歳以上の高齢者の約30%は、日常的に耳鳴りを感じており、キーンという高音が鳴り響くという特徴があるのです。

 

個人によって症状が異なるので、一概には説明できないものの、聴力の低下によって聞こえなくなった周波数の音が耳鳴りとして聞こえるようになるので、加齢とは大きな関係性があると説明できます。

 

ただし、聴力が時間を掛けてゆっくりと加齢によって低下していくのに対し、耳鳴りの場合はある時期を境に急に発症することがあるのです。

 

もしかしたら、加齢が原因で耳鳴りが生じているのではなく、病気が複雑に絡み合っているかもしれないので、医療機関での診察をおすすめします。


首のよじれが原因の耳鳴り

断続的に耳鳴りが聞こえているのであれば、首のよじれが原因となっている可能性があります。

 

私たちの身体は首を通して顔や脳に神経が流れており、頭に正常に流れることによって色々な機能を果たしているのです。

 

しかし、首のよじれが引き起こされていると、その神経がスムーズに流れなくなり、左首の筋肉が固まって耳へと流れる神経が詰まり、耳鳴りが生じるという仕組みとなっております。

 

若者でも首が凝っているという方は、耳鳴りに悩まされる確率が高まるかもしれないので、首を上下左右に振る運動をして解してみた方が良いかもしれません。


煩い音が原因の耳鳴り

飛行機の近くにいたり、コンサートやパチンコ屋など、大音量で音楽が流れる煩い場所にいると、耳鳴りが引き起こされることがあります。

 

煩い音が原因の耳鳴りは一時的なものなので、そのような状況から解放されれば改善されることがほとんどなので、特に心配する必要はないのです。

 

ただし、大きな音が流れる工事現場で働き続けたことによる職業性難聴や、音楽プレーヤーをイヤホンで聞き続けたことによる騒音性難聴は、一時的なものではないかもしれません。

 

自然に治ることもありますが、個人によっては耳鳴りが酷くなったり聞こえが悪くなったりするかもしれないので、念のために病院で診察を受けるべきです。

 

 

 

以上のような原因によって引き起こされる耳鳴りは、高齢者の方が生じやすいものの、基本的にどの年齢の方も悩まされることがあります。

 

あまりにも酷いというのであれば、耳鳴りの症状を和らげるために、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を使うべきです。

 

植物の成分が含まれた安全な健康食品を摂取することにより、身体の内側から健康へと導いてくれるので、高齢者の方は特に美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの原因」に関するページ